試験・サービス

カビDNA塩基配列解析・分子系統解析

遺伝子解析によるカビの種レベルの同定はITS rDNA領域が基本です。最新の分類体系を反映させて報告をします。

酵母形態観察および生理・生化学的性状試験

分類学上重要な形態学的特徴、生理・生化学的性状を調べる試験です。酵母第一段階試験は栄養増殖と形態的性質、培養性状などを観察します。

細菌形態観察および生理・生化学的性状試験

細菌や放線菌の形態学的な特徴や生理・生化学的な性状を形態観察などから調べ、帰属分類群を同定することを目的とする試験です。

酵母DNA塩基配列解析・分子系統解析

酵母のDNA塩基配列解析は26SのD1/D2領域の解析が主流です。当社はDNA塩基配列を両鎖で解析し簡易分子系統解析を行います。

細菌DNA塩基配列解析・分子系統解析 (16S rDNA)

細菌の16S rDNA塩基配列を用いて、近縁・菌種の同定(推定)を行います。500bpと1500bpの2つの解析を選択できます。バイオセーフティレベル(BSL)を付けてご報告いたします。

同定試験セット(Standard)

DNA塩基配列解析と形態観察として細菌ではコロニー色調、細胞形態、グラム染色性、芽胞形成能の4項目を分類群にあわせて観察ます。

Bacillus cereusグループ関連試験

Bacillus cereusグループは18菌種からなり、16S rDNA塩基配列解析では識別が困難となっています。

ISO/IEC 17025認定同定試験 – DNA塩基配列解析 –

「遺伝子解析による細菌及び真菌 (カビ、酵母) の種の同定」に関して、試験所認定制度の国際規格であるISO/IEC17025の認定を ペリージョンソンラボラトリーアクレディテーションインク より取得しています。

Rapid解析・カビ形態Rapid

Rapid解析は微生物同定データベース、国際塩基配列データベースに相同性検索を行い簡易分子系統解析から帰属種・近縁種を同定します。

微生物確認試験

培養条件(好気、嫌気、高温、低温など)や対象微生物(芽胞菌、大腸菌、乳酸菌、酢酸菌、放線菌など)をご指定いただき、細菌・酵母・カビを対象に目的に合わせた微生物を分離します。

微生物分離

微生物分離は培養条件(好気、嫌気など)や微生物(芽胞菌、乳酸菌、酢酸菌など)を指定いただき、目的に合わせた微生物を分離します。

カビPremium

カビの帰属種・近縁種を同定する際、当社がお薦めする試験セットです。DNA塩基配列解析 と形態観察などの性状試験を組み合わせます。

酵母Premium

酵母のDNA塩基配列解析と生理・生化学的性状試験を組み合わせた試験です。詳細な帰属種・近縁種の推定と分類学的な特徴付けが可能です。

細菌Premium

細菌DNA塩基配列解析、形態観察や生理・生化学的性状試験を組み合わせたメニューです詳細な帰属種・近縁種の推定が期待できます。

細菌機能遺伝子解析 (単一機能遺伝子・MLSA)

細菌の機能遺伝子は菌体細胞の維持や増殖に不可欠な酵素タンパクをコードする遺伝子やストレスタンパク遺伝子などを指します。

カビ機能遺伝子解析

カビの同定は主にITS領域およびD1/D2領域の塩基配列を使った解析が行われますが、機能遺伝子解析が有効な場合があります。

きのこ同定試験

きのこの同定は、従来の子実体の形態的特徴に基づく手法とDNA塩基配列解析 (ITS領域またはD1/D2領域) がよく用いられます。

in silico DNA-DNA hybridization (in silico DDH) 解析

対照株と比較株の全ゲノム配列やドラフトゲノム配列をコンピュータ上で比較し、2株間の種の異同を評価する方法です

その他追加試験 (細菌)

細菌のその他追加試験では微生物株の溶血性や耐熱性試験、培養液中の有機酸分析など様々な試験が可能です。

その他追加試験 (カビ)

カビのその他追加試験では微生物株のアフラトキシン生合成遺伝子や生育性、耐熱性など評価する試験です。

その他追加試験 (酵母)

酵母の追加試験では温度、pH、NaCl濃度などの生育条件に対し至適生育温度などを評価する試験です。

菌数測定 (培養法)

細菌、カビ、酵母を指定の培養条件 (好気/嫌気、温度、培地の種類など) や芽胞菌、乳酸菌などの特定の微生物の菌数測定を行います。

菌数測定 (蛍光染色法)

培養を介さない直接計数による菌数測定です。蛍光染色剤を用いて微生物の細胞を特異的に染色し、蛍光顕微鏡にて計数を行います。

抗菌性試験

抗菌性物質や抗生物質の抗菌作用をディスク拡散法 やMIC測定法(平板希釈法および微量液体希釈法) で行います。

菌種情報調査サービス

論文や専門書を用いて学名から分離源、至適生育温度、抗生物質耐性など、その菌種に関する性状を調べます。

環境 DNA抽出

食品、土壌などの様々な環境検体からDNAを抽出し、滅菌水あるいはTEバッファーに溶解したDNAを70 µL以上納品します。

環境 アンプリコンシーケンス解析

一度の解析で大量の塩基配列を得ることができるため、土壌、発酵食品などの多様な生物種が混在する検体中の生物群集の解析に優れます。

環境 リアルタイムPCR解析 (定量)

鋳型DNAの量 (コピー数) を推定します。特定分類群の遺伝子を指数関数的に増幅するDNAの量からリアルタイムにモニタリングします。

環境 特異プライマーPCR解析 (定性)

検体中に含まれる特定分類群や特定機能遺伝子をターゲットにしたプライマーセットを用いて、PCR増幅、電気泳動を行い検出します。

生体 DNA抽出

糞便、唾液、皮膚拭取物などからDNAを抽出し、滅菌水もしくはTEバッファーに溶解したDNAを、70 µL以上納品します。

生体A DNA 抽出 (JMBC 推奨プロトコル)

JMBC(日本マイクロバイオームコンソーシアム)推奨プロトコルに基づき、糞便からDNAを抽出します。

生体 アンプリコンシーケンス解析 (JMBC 推奨プロトコル)

JMBC (日本マイクロバイオームコンソーシアム)推奨プロトコルに基づき、糞便中の細菌叢を解析します。

T-RFLPフローラ解析 (MN法)

Bifidobacterium 属、Bacteroides 属などヒト腸内細菌叢の主要な分類群の構成比率を出力します。

生体 リアルタイムPCR解析 (定量)

鋳型DNAの量 (コピー数) を推定します。特定分類群の遺伝子を指数関数的に増幅するDNAの量からリアルタイムにモニタリングします。

生体 特異プライマーPCR解析 (定性)

検体中に含まれる特定分類群や特定機能遺伝子をターゲットにしたプライマーセットを用いて、PCR増幅、電気泳動を行い検出します。

糞便理化学分析

ヒト糞便、マウス、ラット糞便、消化管内容物などの有機酸、胆汁酸、腐敗産物アンモニア、IgAといった腸内代謝物を分析します。

生体 アンプリコンシーケンス解析

一度の解析で大量の塩基配列を得ることができるため、糞便、唾液、皮膚などの多様な生物種が混在する検体中の生物群集の解析に優れます。

アンプリコンシーケンスデータ解析 (Metagenome@KIN)

アンプリコンシーケンス解析により得られた配列データの帰属分類群をMetagenome@KINによりデータ解析します。

アンプリコンシーケンスデータ解析 (QIIME2)

アンプリコンシーケンス解析により得られた配列データから、代表配列の決定、多様性をQIIME2により解析します。

統計分析ソフトRによるデータ解析

群集組成の特徴や異同を示す作図、統計学的検定を統計分析ソフトウェア"R"で実施します。論文投稿や学会発表向けにデータを活用できます。

PICRUSt2による予測メタゲノム解析

PICRUSt2により検体に含まれる細菌叢が持つ遺伝子の機能を予測します。ショットガンメタゲノム解析の代替法として利用されています。

腸内細菌分離用糞便採取キット

糞便から嫌気性細菌を分離するための糞便採取容器です。嫌気状態を保つ必要がある幅広い分類群の細菌の生育を数日間維持することができます。

腸内環境分析用 糞便採取キット・採取容器

ブラシ型はアンプリコンシーケンス解析およびショットガンシーケンスに適切な便量を確保できます。また採取後、室温保管可能です。

皮膚菌叢解析用採取キット メタフロキーパー (皮膚)

容易に皮膚常在菌の採取、保存を可能とした皮膚菌叢解析用採取キットです。室温でも菌叢を維持できます。

微生物試験に関するテクニカルトレーニング

微生物を取扱う上での基礎的な技術、あるいはDNA塩基配列解析などの専門的な技術を学ぶためのテクニカルトレーニングです。

微生物同定システム「ENKI ®」- 相同性検索、系統解析ソフトウェア –

微生物同定に有効なデータを収集したデータベースと、系統解析を簡単に作成できる微生物同定ソフトウェア「ENKI®」を販売しています。

口腔内菌叢解析用採取キット メタフロキーパー (唾液)

口腔内菌叢解析用採取キットです。容器とストローが一体になっていますので簡単に唾液の採取ができます。

全便採取キット

全便採取が必要な場合に利用されるキットです。組立式になっており、取扱いが容易です。脱酸素剤と保冷材により、菌叢を維持します。

保存アンプル作製・微生物株保管管理

L-乾燥法を用いた保存アンプル作製を行います。特許期間中、微生物株を維持できる条件に適合する方法として寄託機関が採用しています

リアルタイムPCR用定量キット

リアルタイムPCR解析用のキットです。プライマーミックス、プラスミドDNAスタンダードを含んだキットです。

NCIMB株分譲

NCIMB 研究所が保存するNCIMB株を分譲します。NCIMBは工業利用される有用微生物、海洋細菌を中心に保存を行なっています。

化学的性状分析

新種提唱時の化学的性状試験として菌体脂肪酸組成分析 (MIDIシステム)、細胞壁アミノ酸組成分析、キノン分析、リン脂質分析

IR Biotyper株識別試験 (細菌、酵母)

同一条件で培養した異なる微生物株が持つ炭水化物・多糖類のフーリエ変換赤外スペクトルデータを取得し、株レベルの識別を行います。

鉄細菌 顕微鏡観察

水中の溶存鉄や溶存マンガンを酸化し、菌体の内外に沈積する能力をもった一群の細菌は「鉄バクテリア」または「鉄細菌」と呼ばれています。

カビ形態観察

カビの分類学上重要な形態学的特徴を調べ帰属分類群を同定を目的とした試験です。カビ第一段階試験は属レベルの帰属分類群を同定します。

MALDI微生物同定試験 (Biotyper)

細菌、カビ、酵母のタンパク質マススペクトルを取得し、データベースと照合することで、検体の帰属種・近縁種を同定します。