保存アンプル作製・微生物株保管管理

説明

保存性やコスト面に優れたL-乾燥法を用いた保存アンプル作製を行います。L-乾燥法による保存アンプルは、20年間の特許期間中、特許微生物株を維持しなければならない条件に適合する方法として、特許株の寄託機関が採用しています。

当社が作製する保存アンプルは、日本国内における特許微生物株の寄託先である特許微生物寄託センター(NPMD)の規格サイズに適合します。なお、特許微生物寄託センターへの寄託には、10本以上が必要となります。

作製した保存アンプルの品質確認として、作製した保存アンプルの生育性、コロニーの性状に基づく純粋性の確認に加え、お預かりした検体と作製した保存アンプルに封入された微生物の同一性を確認の上、納品いたします。

同一性の確認は、MALDI-TOF MS法(以下、MALDI法)またはDNA塩基配列解析により行います。放線菌を除く細菌および酵母ではMALDI法で行います。一方、放線菌およびカビは生育段階により異なる細胞構造を形成し、各段階で発現するタンパク質が異なるため、MALDI法による同一性確認が不向きなことから、DNA塩基配列解析による確認を基本とします。なお、どちらの方法で確認作業を行うかにつきましては、当社にお任せ下さい。

作製した保存アンプルの生育性および純粋性を確認するための復元確認は、「作製直後」または「37℃で2週間保存後」のどちらかを選択していただくことができます。「37℃で2週間保存」は、「5℃で約10~20年の保存」に相当するとされることから、「37℃で2週間保存後」の復元確認(加速保存試験)を実施することにより、長期間での保存性を推定することが可能です。

当社では保存アンプルおよび凍結保存品(グリセロールストック)の保管や、保管微生物の生存確認試験などのサービスも行っています。複数の施設、地域で微生物を保管することは、災害時のリスクを低減する上でも有用です。

安全にアンプルの開封が可能なアンプルカッターもご用意しております。アンプル作製のご依頼とあわせて、ご検討下さい。

報告サンプル

価格・納期

項目 本数 単位 単価 目安納期
保存アンプル作製
(L-乾燥法※1,2
MALDI法での同一性確認が適する菌株
・細菌(放線菌を除く) ・酵母
MALDI法に適していない分類群は、DNA塩基配列解析に変更することがあります。
5本/株 40,000円 作製直後:
21営業日
37℃ 2週間:
35営業日
10本/株 47,000円
20本/株 65,000円
30本/株 84,000円
DNA塩基配列解析での同一性確認が適する菌株
・放線菌 ・カビ
5本/株 50,000円 作製直後:
26営業日
37℃ 2週間:
40営業日
10本/株 56,000円
20本/株 75,000円
30本/株 93,000円
追加1本/株(上記、同時作製時に限る) お問い合わせ下さい。
凍結保存品(グリセロールストック)作製※3
・ 1株あたり最低3本からの作製に限ります
3本セット/株 9,000円 12営業日~
1本追加 1,000円
スラント作製※4 1本 1,000円 5営業日~
微生物株保管管理※5 微生物株保管管理 1年 (保存アンプル作製費は含みません) 12,000円
微生物株保管管理 1ヶ月
(保存アンプル作製費は含みません)
1,000円
復元確認試験
・微生物保存期間中に復元確認試験を行い、生存試験結果を報告いたします。
10,000円 10営業日
アンプルカッター(岩田硝子工業株式会社製) 18,000円 10営業日

※1 “L-乾燥法”での作製が困難な検体は、“凍結乾燥法”で作製をご提案する場合がございます。この場合、追加費用が発生することがあります。
※2 当社が納品した保存アンプルを検体とする場合、細菌・酵母で、1株あたり10,000円、放線菌・カビで、14,000円を減額します。
※3 グリセロールストックの返送には、ドライアイス費用と送料(クール便)が別途掛かります。
※4 スラントによる継代培養保存を希望される場合には、別途ご相談下さい。
※5 保存アンプルの最大保管数は、1株あたり30本まで、凍結保存品(グリセロールストック)の最大保管数は8本までです。

依頼書の入手と同意事項の確認

ご依頼前の同意事項、ご依頼前の同意事項(共通) およびテクノスルガ・ラボ基本約款 を確認してお申込み下さい。

・ 微生物株保管管理は、保存品の他に、バックアップとして凍結保存品(グリセロールストック)を作製して保管します。

・ 微生物株保管管理期間中に生存確認や培養品が必要となった場合、有償にて微生物株の培養・生育試験を実施します。

・ 常用培地以外の培地や嫌気条件での培養などを指定の場合、追加費用が必要となります。(【ガイド】検体送付と追加費用のご案内をご参照下さい)

・ 保存アンプルおよび凍結保存品(グリセロールストック)のサポート期間は、作製後1ヶ月とします。

・ サポート期間内に保存アンプルおよび凍結保存品(グリセロールストック)の破損、不足、不良がないことをご確認下さい。また、納品時に復元確認用の予備品1本を追加して納品いたしますので、予備品により封入された微生物の生育性および純度をご確認下さい。もし、疑義や問題などがありましたら、このサポート期間内に当社営業部にご連絡下さい。連絡のない場合は検収いただいたものと判断します。

・ 保存アンプルおよび凍結保存品(グリセロールストック)作製後の菌株の代謝活性、生存数、性状等の保証はいたしかねます。

・ 液体培養物や微生物の混成体からのご依頼など同一性確認ができない検体は、当社の保証が困難となるため原則お断りさせていただきます。

・ 検体の帰属種、性状、安全性、培養条件、胞子形成の状態などによっては、保存アンプル、凍結保存品の作製ができないことがあります。

・ 保存アンプル作製に適した培養や復元確認作業には、培養条件に関わらず時間を要することがあり、特許出願などに関わる作製日の希望にはお応えいたしかねます。予定納期遅延に伴う損害について、当社は賠償する一切の責任を負わないものとします。

・ 凍結保存品(グリセロールストック)は、同定試験と同時または追加でご依頼の場合に限り作製します。

・ 作製した保存アンプルおよび凍結保存品(グリセロールストック)を当社にて保管管理する場合には、復元確認用の予備品1本のみを納品いたします。

・ ご依頼前の同意事項(共通)を必ずご確認下さい。

<作製した保存品の復元確認試験について>

・ 微生物株によっては、保存アンプルおよび凍結保存品(グリセロールストック)での長期保存に適さないことがあります。

・ 復元確認試験は、純粋性・生育性の確認のみとし、「生育性の低下」、「菌数の減少」、「形態・性質の変異」などはサポートの対象外となります。

・ 複数の微生物の混成体である複合微生物系の検体で保存アンプルおよび凍結保存品(グリセロールストック)を作製する場合、復元確認試験は生育性の確認に限ります。なお、復元確認試験では検体に含まれる微生物の混成比率については保証いたしません。

・ 復元確認試験にて著しい「生育性の低下」がみられる場合は、復元確認結果と代替保存方法の提案を連絡し、それまでに行った作業の費用全額を請求させていただきます。

<作製した保存アンプルの同一性確認について>

・ お預かりした検体と作製した保存アンプルに封入された微生物の同一性の確認は、MALDI法またはDNA塩基配列解析によります。同一性確認の方法は、適するものを当社にて判断、選択します。

<微生物株保管管理について>

・ 微生物株保存管理は、前払い方式として、微生物株保管管理 1年の保管費用は、年度末(3月末)に翌年度分(当年4月~翌年3月分)の総計を請求させていただきます。契約期間内において、途中解約された場合、費用の返金はいたしかねます。

・ 微生物株保存管理の場合、お客様との連絡が1年以上に渡り不通、または微生物株保存管理費用の入金の確認ができなかった場合、保管期間が終了したものとして滅菌処分します。(ご異動の際には、必ず「お客様登録内容」の変更をお願いいたします)

・ 微生物株の復元確認試験は、保管管理している保存アンプルの1本を開封し、培養を行います。開封により、残り本数が2~3本となる場合には、安全保管のために改めて保存アンプル作製(3本以上)をお願いいたします。

分析のご依頼は、以下のファイルをダウンロード頂きお申し込み下さい。