DNA抽出物およびPCR産物検体の送付条件

DNA抽出物およびPCR産物で分析のご依頼いただく場合には、下表を参照いただき、分析項目に応じた濃度、容量をご準備下さい。
なお、PCR増幅を確認した電気泳動像のご提示を必須とさせていただきます。
依頼書の作成時にあわせてご用意下さい。

DNA抽出物の送付

製品名推奨DNA濃度核酸の純度
(A260/A280)
推奨送付容量その他条件
DNA塩基配列解析30ng/μL以上目安
1.8以上
50μL以上溶解バッファー※1
・DNase/RNase -free water
・TE buffer pH 8.0(0.1~1mM EDTA)をご使用さい。
アンプリコンシーケンス解析5ng/μL以上30μL以上
T-RFLPフローラ解析10ng/μL以上30μL以上
リアルタイムPCR10ng/μL以上30μL以上
1プライマー
(解析対象)
あたり15μL以上

※1 検体とは別にご利用の溶解バッファーを100 μL程度ご同梱下さい。

PCR産物(精製済)の送付

製品名推奨DNA濃度推奨送付容量その他条件
DNA塩基配列解析100ng/μL以上20μL以上溶解バッファー※1
TE buffe pH8.0(0.1~1mM EDTA)を使用さい
PCR-DGGE泳動※240μL以上お問合せ下さい

※1 検体とは別にご利用の溶解バッファーを100 μL程度ご同梱下さい。
※2 DGGEのPCR産物は精製せずに送付して下さい。PCR産物を精製した場合、バンドパターンが変化します。

  • 送付方法:クール便 (冷蔵、冷凍) でご送付下さい。
  • 送付条件に満たない場合については、お問い合わせ下さい。送付条件を満たしていなくても解析が可能な場合もあります。
  • DNA抽出物検体は、PCRを2回実施しても増幅産物が得られない場合、以降の試験を中止とさせていただきます。PCR増幅が確認されなかった検体について報告書内にその旨の記載またはPCR増幅確認報告書(電気泳動写真付)を納品し、作業実費をご請求させていただきます。
  • 未精製のPCR産物をご提供される場合は、ご相談下さい。