微生物分離

特 長

概 要

細菌、カビ、酵母を対象として、培養条件(好気、嫌気、高温、低温など)や芽胞菌、大腸菌、乳酸菌、酢酸菌、放線菌などの対象微生物をご指定いただき、目的に合わせた微生物を分離します。

食品、飼料、水や土壌などの環境サンプル、また、微生物に汚染された日用品、皮革製品など様々な検体の取扱いが可能です。

特殊な環境中に存在する微生物(硫酸還元菌や鉄酸化細菌など)の分離につきましては、別途、お問い合わせ下さい。

blank

受入可能な検体

区分必要量送付方法
液体、培養液など50mL 程度常温にて、保管・輸送を行いますと、サンプルの劣化や微生物相が変化することが考えられますので、冷蔵(クール便)でお送り下さい。ただし、低温により生育阻害される微生物もあります。また、到着予定日は平日とし、依頼書などで事前に到着日をお知らせ下さい。
活性汚泥50mL 程度
地下水100mL 程度
土壌など10g 程度

検体提供例

作業の流れ

納品内容

試験項目報告内容
微生物分離・ コロニー形態、細胞形態に基づいた微生物カテゴリーの分類
・ 分離平板から目視による優占度の高い株順の微生物株番号割付け
例)細菌:-B1, -B2 酵母:-Y1, -Y2 カビ:-M1, -M2 乳酸菌を指定の場合:-L1, -L2
・ 分離した際の平板写真と分離株のコロニー写真

報告書サンプル

SAMPLE_biseibutsu_bunri(saikin)houkokushoのサムネイル

価格・納期

試験項目単位単価
(税込)
目安納期
微生物分離 全コロニー対象
・コロニー形態の異なる
全ての菌株を分離します。
細菌検体(条件)
35,200円
中間報告:
細菌:14営業日~
カビ・酵母:18営業日~
嫌気培養の場合は、
+2 ~ 4 日

報告:
中間報告+4営業日
乳酸菌対象 ※1検体(条件)
40,700円
カビ・酵母検体(条件)
33,000円
微生物分離 目的コロニー1種選択
・コロニー形態から、数の多い優占株や
ご指定の条件に該当する
コロニー1種を分離します。
細菌種(条件)
16,500円
乳酸菌対象 ※1種(条件)
22,000円
カビ・酵母種(条件)
16,500円
上記の分離に、目的コロニー1種を追加細菌種(条件)
+7,700円
乳酸菌対象※1種(条件)
カビ・酵母種(条件)
加熱処理(芽胞菌対象)※2検体
+5,500円
グリセロールストック(凍結保存品)作製※3
1株あたり最小3本からの作製に限ります。
3本セット
+8,800円
19営業日~
1本追加
+1,100円
スラント(斜面培養物)作製1本
+1,100円
5営業日~
その他、特定の微生物の分離検体お問い合わせ下さい。

※1 乳酸菌は、分離株のグラム染色およびカタラーゼ試験を実施の上、グラム陽性・カタラーゼ陰性の微生物株を単離します。
※2 芽胞菌の分離を目的とする場合には、通常、一般細菌を死滅させるために「80°C、10分」の加熱処理を行います。加熱温度および時間の指定がある場合はご連絡下さい。
※3 グリセロールストックの発送には、ドライアイス費用と送料(クール便)が別途必要となります。

ご依頼前の同意事項

ご依頼前の同意事項(共通) およびテクノスルガ・ラボ基本約款 を確認してお申込み下さい。

  • 分離には同定試験を含みません。分離株の近縁種の推定には、MALDI微生物同定試験やDNA塩基配列解析を追加でご依頼下さい。
  • 分離対象とする各微生物群で培地が異なる場合、培養条件ごとに別途費用が必要となります。また、同じ分離対象であっても、培養条件数ごとに費用
    が生じます。
  • 分離株は、純粋培養の状態では著しく生育活性が落ちることもあります。このような純粋培養の困難な微生物株では、分離株の返送および微生物試験を追加することができないこともあります。
  • ご依頼前の同意事項(共通)を必ずご確認下さい。

ご依頼、依頼書の入手

ご依頼は、以下のファイルよりお申し込み下さい。

確認と同意事項

分析ごとの同意事項、ご依頼前の同意事項(共通)
およびテクノスルガ・ラボ基本約款 を確認しました。