検体送付と追加費用のご案内

追加費用一覧 微生物同定試験では、培養条件や検体の状態によって、以下の追加費用が必要となります。お客様からの指示による追加作業のほか、当社の技術的判断によりお見積りにてご提案させて頂きます。 項目 単位 価格 説明 微生

詳しく見る »

細菌 同定試験セット(Standard, Premium)

説明 細菌の帰属・近縁種を同定する際、当社がお薦めする試験セットです。「DNA塩基配列解析(考察付)」と「簡易形態観察」などの性状試験を組合わせますので、DNA塩基配列解析のみの試験よりも近縁種の推定が期待できます。 “

詳しく見る »

Rapid解析(DNA特急)・カビ形態Rapid

説明 医薬品や食品・飲料メーカーなどで衛生管理を担当され、特に迅速性を要求されるお客様にお勧めです。 DNA塩基配列解析には、当社が微生物の同定用に開発した微生物同定システム「ENKI®」を使用します。相同性検索は、当社

詳しく見る »

DNA-DNAハイブリッド形成試験

説明 DNA-DNAハイブリッド形成試験は、対象菌株と比較菌株のゲノムDNAの相対的な結合(ハイブリッド形成)の割合から、同種、別種の判断を行う試験です。細菌および酵母の分類では、DNA相同値が70%以上であれば同種、7

詳しく見る »

ANI (Average Nucleotide Identity) 解析

説明 ANI解析は、対象株(検体)と比較株のゲノム配列の類似度(ANI:相同値)をコンピュータ上で計算し、種の異同を判断します。ANI値が95%以上であれば同種、95%未満であれば別種と判定します。DNA-DNAハイブリ

詳しく見る »

PFGE解析 (株識別)

説明 PFGE(パルスフィールドゲル電気泳動)解析は、ゲノムDNAを任意の制限酵素にて消化し、断片化されたDNA分子を電気泳動してバンドパターンを比較する方法です。断片化されたDNA分子は数百kb程度と大きいため、パルス

詳しく見る »

菌数測定(培養法)

説明 細菌、カビ、酵母を対象として、指定の培養条件(好気/嫌気、温度、培地の種類など)や芽胞菌、大腸菌・大腸菌群、乳酸菌、耐塩性菌などの特定の微生物の菌数測定を行います。平板培地を用いた菌数測定(CFU)と液体培地を用い

詳しく見る »

菌数測定(蛍光染色法)

説明 検体に含まれる細菌の生菌、死菌を蛍光染色することで菌数を計測する方法です。 生菌数はCFDA染色法、全細菌数(死菌、生菌を含む)はSYBR Green®染色法、またはDAPI染色法を用いた方法です。1g(または1m

詳しく見る »

鉄細菌 顕微鏡観察

説明 水中の溶存鉄や溶存マンガンを酸化し、菌体の内外に沈積する能力をもった一群の細菌は「鉄バクテリア」または「鉄細菌」と呼ばれています。これらの鉄細菌などを含めた糸状微生物(主に糸状細菌)は、溶存鉄を含む地下水が湧き出て

詳しく見る »

微生物確認試験

説明 製品・製造現場などの異臭、変色、膨張などの変質や外観異常を生じた場合、「何かがおかしい、しかしその原因は微生物によるものかどうかさえわからない」そのようなことはないでしょうか。 対象の製品や採取した検体中にある、問

詳しく見る »

微生物分離

説明 細菌、カビ、酵母を対象として、培養条件(好気性、嫌気性、高温、低温など)や芽胞菌、大腸菌、乳酸菌、酢酸菌、放線菌などの対象微生物をご指定いただき、目的に合わせた菌を分離します。 食品、飼料、水や土壌などの環境サンプ

詳しく見る »

MALDI微生物同定試験(Biotyper)

説明 検体のタンパク質マススペクトルパターンをデータベースと照合することで同定を行う手法です。この手法は、その迅速性やコストの低さから臨床・食品・製薬など様々な分野で普及が進んでいます。MALDI-TOF MS法は、第1

詳しく見る »

菌種情報調査サービス

説明 ご希望の微生物種についての一般性状を調査するサービスです。グラム染色性や生育温度などの基本的な情報から、分離源、生育条件、病原性などのより詳細な性状まで、当社所蔵の文献などを使い調査します。 分析・報告内容 ◇菌種

詳しく見る »

抗菌性試験

説明 細菌、カビ、酵母の抗生物質に対する感受性/耐性は、菌種および菌株により異なり、この特徴は菌種同定にも使われます。 近年、多くの菌群の中で薬剤耐性菌の増加が確認されています。臨床分野だけではなく、環境中にも抗生物質に

詳しく見る »

化学的性状分析

説明 分類学において、化学的性状は重要な分類学的特徴付けの1つです。当社では以下の化学的性状分析が可能です。 試験内容 項目 概要 菌体脂肪酸組成分析(MIIDIシステム) 菌体脂肪酸組成分析システム“Sherlock

詳しく見る »

保存アンプル作製・微生物株保管管理

説明 保存性やコスト面に優れたL-乾燥法を用いた保存アンプル作製を行います。L-乾燥法による保存アンプルは、20年間の特許期間中、特許微生物株を維持しなければならない条件に適合する方法として、特許株の寄託機関が採用してい

詳しく見る »

NCIMB株分譲

説明 英国微生物株保存機関UKNCC(The United Kingdom National Culture Collection) グループ内の1つであるNCIMB研究所(The National Collection

詳しく見る »