酵母 生理・生化学的性状試験/その他追加試験

説明

毒素産生能や生育性などの評価をする試験です。
特許庁 「特許・実用新案 審査基準 第Ⅶ部 特定技術分野の審査基準 第2章 生物関連発明」の「分類学的性質の記載要領付録1(http://www.jpo.go.jp/shiryou/kijun/kijun2/pdf/tjkijun_vii-2-furoku1.pdf)」に従った試験も可能です。その他にもご要望に応じて試験を提案いたします。

試験内容

項目 概要
耐熱性試験(定性、定量)  ご指定の高温度条件にさらし、再培養による生育性から耐熱性の有無を判定します。
至適生育条件確認試験 菌株の至適な生育条件を確認します。温度、pH、塩分などご指定の培養条件が選択できます。
有機酸分析 培養液中の有機酸(クエン酸、酒石酸、リンゴ酸、コハク酸、乳酸、ギ酸、酢酸、フマル酸、プロピオン酸、iso-酪酸、n-酪酸、iso-吉草酸、n-吉草酸の13種類)をHPLCにより定量します。
酵母の代謝および資化による培養液中の有機酸組成変化を把握できます。

価格・納期

項目 検体数 単位   単価  目安納期 
耐熱性試験(定性)  1 15,000円  10営業日
耐熱性試験(定量)  1 25,000円
至適生育条件確認試験(1項目・5条件)  1 17,000円  10営業日
 有機酸分析  1 53,000円 22営業日 
 2~ お問い合わせ下さい。

・常用培地以外の培地や嫌気条件での培養などを指定の場合、追加費用が必要となります。(【ガイド】検体送付と追加費用のご案内を参照下さい)
多検体での依頼の場合の目安納期は、お問合せ下さい。

ご依頼前同意事項

ご依頼前の同意事項、ご依頼前の同意事項(共通) およびテクノスルガ・ラボ基本約款 を確認してお申込み下さい。

・ ご依頼前の同意事項(共通)を必ずご確認下さい。

分析のご依頼は、以下のファイルよりお申し込み下さい。