その他の微生物試験

菌数測定(培養法)

特 長 公定法以外のお客様独自のプロトコルにも対応 土壌や食品に限らず、様々な検体を受け入れ可能※ 気になるコロニーは分離し、同定することも可能 ※ 臨床検体(侵襲的検体)は除く 概 要 細菌、カビ、酵母を対象として、指

詳しく見る »

菌数測定(蛍光染色法)

特 長 培養を介さない直接計数 乳酸菌や酵母の含有量など、機能性表示食品などの評価方法に 概 要 検体に含まれる細菌の生菌、死菌を蛍光染色することで菌数を計測する方法です。生菌数はCFDA染色法、全細菌数(死菌、生菌を含

詳しく見る »

抗菌性試験

特 長 ペーパーディスク法とMIC 法から選択可能 抗生物質に対する 感受性や耐性、抗菌物質の 抗菌作用の確認 概 要 抗生物質に対する感受性/耐性の確認、抗菌物質の抗菌作用の確認は、ペーパーディスク法(定性試験)やMI

詳しく見る »

化学的性状分析

説明 分類学において、化学的性状は重要な分類学的特徴付けの1つです。当社では以下の化学的性状分析が可能です。 試験内容 項目 概要 菌体脂肪酸組成分析(MIIDIシステム) 菌体脂肪酸組成分析システム“Sherlock

詳しく見る »

ANI (Average Nucleotide Identity) 解析

説明 ANI解析は、対象株(検体)と比較株のゲノム配列の類似度(ANI:相同値)をコンピュータ上で計算し、種の異同を判断します。ANI値が95%以上であれば同種、95%未満であれば別種と判定します。DNA-DNAハイブリ

詳しく見る »

DNA-DNAハイブリッド形成試験

特 長 ゲノム同士のハイブリッド形成度から、細菌、酵母の種の異同を決定 概 要 DNA-DNA ハイブリッド形成試験は、対象菌株と比較菌株のゲノムDNA の相対的な結合(ハイブリッド形成)の割合から、同種、別種の判断を行

詳しく見る »

PFGE解析 (株識別)

説明 PFGE(パルスフィールドゲル電気泳動)解析は、ゲノムDNAを任意の制限酵素にて消化し、断片化されたDNA分子を電気泳動してバンドパターンを比較する方法です。断片化されたDNA分子は数百kb程度と大きいため、パルス

詳しく見る »