検体の送付に関するご案内

必要検体量・送付方法

製品名必要量※1送付方法
MALDI微生物同定試験平板培養物 1枚推奨培養時間で純粋培養された平板培養物を常温でお送り下さい。
(分析対象とするコロニーに必ず標付けをして下さい。)
Rapid解析平板培養物 1枚純粋培養された平板培養物を常温もしくは冷蔵(クール便)でお送り下さい(常温推奨)
(分析対象とするコロニーに必ず標付けをして下さい。)
DNA塩基配列解析
同定試験セット
形態観察
生理・生化学性状試験
抗菌性試験
保存アンプル作製
グリセロールストック作製
平板培養物 1枚
または
斜面培養物 1本
純粋培養された平板培養物を常温もしくは冷蔵(クール便)でお送り下さい(常温推奨)
(分析対象とするコロニーに必ず標付けをして下さい。)
DNA塩基配列解析DNA抽出物
濃度:30ng/μL以上
量:50μL以上
冷蔵または冷凍便(クール便)でお送りください。PCR増幅を確認済みの検体に限ります。別途、PCR電気泳動像をご提供下さい。
PCR産物
濃度:100ng/μL以上
量:20μL以上
冷蔵または冷凍便(クール便)でお送りください。別途、PCRに使用したプライマー配列、PCR電気泳動像、当社でのPCR産物精製の有無、送付量の各情報をご提供下さい。

※1 ご用意いただける検体量に限りのある場合は、ご相談下さい。

梱包について

  • 輸送中に発生した検体の破損については、当社では責任を負いかねますので、ご了承さい。
  • シャーレの蓋は、輸送時に開かないよう、必ずパラフィルム等で固定してさい。
  • 破損、漏洩を防ぐため、発泡スチロール製の容器に入れ、緩衝材で保護して下さい。
  • 平板培養物などの送付は、「常温」での輸送を推奨いたします。
  • 抽出DNAやPCR産物を送付いただく際、冷蔵の場合は保冷剤、冷凍の場合はドライアイスと共に梱包してさい。
  • ダンボールや紙箱などでお送りいただく場合には2重梱包や緩衝材を利用するなど、破損、漏洩を考慮さい。

検体の処分および返送について

  • 検体の処分および返送についてご依頼前の同意事項(共通)をご参照下さい。