• HOME
  • >
  • サービス
  • >
  • 検体量と送付に関するご案内(同定試験、生理・生化学試験など)

検体量と送付に関するご案内(同定試験、生理・生化学試験など)

目次

検体量について

微生物確認試験

種類必要量備考
環境水、食品
プラスチック製品、壁紙など
顕微鏡観察が可能な量、またはサイズ顕微鏡観察ができる変質箇所または異物であれば、いずれも対応可能

微生物分離

区分必要量送付方法
液体、培養液など50mL 程度常温にて、保管・輸送を行いますと、サンプルの劣化や微生物相が変化することが考えられますので、冷蔵(クール便)でお送り下さい。ただし、低温により生育阻害される微生物もあります。また、到着予定日は平日とし、依頼書などで事前に到着日をお知らせ下さい。
活性汚泥50mL 程度
地下水100mL 程度
土壌など10g 程度

Rapid解析・カビ形態Rapid

カテゴリー必要量備考
細菌純粋培養物
(平板培地1 枚)
平板培養による純粋培養物をご用意下さい。コンタミネーションにより単離や当社での再培養を行う必要がある検体は、別途有償での作業が必要となります。
一度にお受けできる検体数は、1依頼あたり8株までです。 平板培養物中に複数のコロニーが存在する場合には、解析対象のコロニーに目印をして下さい。
酵母
カビ

MALDI微生物同定試験(Biotyper)

カテゴリー必要量送付方法備考
細菌平板塗抹による
純粋培養物
(平板培地1 枚)
普通寒天培地、標準寒天培地、SCD寒天培地など生育に適した平板培地十分な生育を確認後、なるべく早くお送り下さい。※1、2 純粋培養された平板培養物を“常温”でお送り下さい。
冷蔵により、タンパク質合成経路に変化が生じることから、一旦冷蔵で保管された検体は、再培養後、常温でお送り下さい。
試験対象とするコロニーのご指定がある場合は、シャーレ上に目印をして下さい。
酵母YM寒天培地、SCD寒天培地など生育に適した平板培地
カビ※4PDAやサブロー寒天などの栄養培地で十分な生育が確認できる検体十分な生育を確認後、検体をお送り下さい。※3
一旦冷蔵で保管された検体も再培養は不要です。
試験対象とするコロニーのご指定がある場合は、シャーレ上に目印をして下さい。

細菌 DNA塩基配列解析・分子系統解析(16S rDNA)

カビDNA塩基配列解析・分子系統解析

酵母DNA塩基配列解析・分子系統解析

種類必要量備考
平板培養物1枚当社で培養確認を行うか、指定コロニーから直接DNAを抽出するかのご選択が可能です。生育性や純粋性に疑義がある場合には、連絡いたします。
液体培養物
スラント(斜面培養物)
アンプル・グリセロールストック
1本当社での培養確認を必須とします。培養条件をご指示下さい。液体培養物から直接解析を実施する場合、承諾書にご署名をいただきます。
DNA抽出物濃度:30 ng/µL 以上
量:50 µL 以上
PCR増幅を確認している場合には、電気泳動像のご提供をお願いします。承諾書にご署名をいただきます。
PCR産物濃度:100 ng/µL 以上
量: 20 µL 以上
電気泳動像のご提供をお願いします。承諾書にご署名をいただきます。
シーケンス生データ
(ab1ファイル)
塩基配列テキストファイル
(fasta ファイルなど )
オプションの簡易分子系統解析、分子系統解析のみのご依頼となります。シーケンサーからの生データ(ab1ファイル)から配列決定し、解析することも可能です。

きのこ同定試験

種類必要量備考
平板培養物1枚当社での培養確認を行います。培養条件をご指示下さい。 生育性や純粋性に疑義がある場合には、連絡いたします。
液体培養物
スラント(斜面培養物)
1本
子実体お問い合わせ下さい。「きのこ形態観察付きDNA」をご希望の場合は、なるべく新鮮な子実体をお送り下さい。
直接DNA抽出することも可能です。詳しくはお問い合わせ下さい。

細菌形態観察および生理・生化学的性状試験

酵母形態観察および生理・生化学的性状試験

カビ形態観察

種類必要量備考
平板培養物1枚当社での培養確認を必須とします。培養条件をご指示下さい。 生育性や純粋性に疑義がある場合には、連絡いたします。
液体培養物
スラント(斜面培養物)
アンプル
グリセロールストック
1本

抗菌性試験

種類必要量備考
抗生物質適量使用する薬剤物質は基本的にお客様にてご用意下さい。
試験用菌株は当社で購入し、試験することも可能です。
抗菌物質

化学的性状分析

検体の種類試験項目必要量備考
培養物 (培養~)全分析共通平板培地 1枚当社で培養から行います。培養条件をご指示下さい。 純粋性に疑義がある場合には、連絡いたします。 培地での送付は常温 (または冷蔵) 、アンプルでの送付はその保管温度 (冷蔵・冷凍) 。
斜面培地 1本
アンプルなど 1本
集菌体 (抽出~)菌体脂肪酸組成目安湿重量:0.5 g以上 (100 µL程度の菌体ペレット)

集菌後、生理食塩水で2~3回洗浄し、集菌後は凍結して冷凍。

※寒天培地から集菌される場合は、寒天培地を回収しないよう特にご注意下さい。
キノン、G+C含量目安湿重量:1 g以上集菌後、5mM EDTAバッファーで2~3回洗浄して下さい。集菌・洗浄後は凍結し、冷凍。
細胞壁アミノ酸組成、 リン脂質目安湿重量:3 g以上
凍結乾燥品 (抽出~)菌体脂肪酸組成凍結乾燥品重量:0.1g以上集菌後、生理食塩水で2~3回洗浄し、直ちに凍結乾燥し、常温。
キノン、リン脂質凍結乾燥品重量:1g以上
調製品 (分析~)菌体脂肪酸組成、 細胞壁アミノ酸組成、 キノン、G+C含量有機溶媒で溶解後、窒素ガス等で乾固させ、密栓した状態で冷凍

保存アンプル作製・微生物株保管管理

種類必要量備考
細菌平板培養物1枚
斜面培養物 1本
グリセロールストック 1本
アンプル 1本
当社での培養確認を必須とします。
十分に生育性のある微生物株をお送り下さい。
酵母
カビ

※ ご用意いただける検体量に限りのある場合は、ご相談下さい。

送付について

梱包について

・ 輸送中に発生した検体の破損については、当社では責任を負いかねますので、ご了承下さい。
・ シャーレの蓋は、輸送時に開かないよう、必ずパラフィルム等で固定して下さい。
・ 破損、漏洩を防ぐため、発泡スチロール製の容器に入れ、緩衝材で保護することをおすすめします。
・ 冷蔵の場合には保冷剤、冷凍の場合にはドライアイスと共に梱包して下さい。
・ ダンボールや紙箱などでお送りいただく場合には 2 重梱包や緩衝材を利用するなど、破損、漏洩をご考慮下さい。

検体の処分および返送について