生体関連 DNA抽出

特 長

概 要

糞便からのDNA 抽出については、技術情報『当社での糞便からのDNA 抽出方法』もご参照下さい。

環境検体からのDNA 抽出も承ります。『環境関連 DNA 抽出』をご覧下さい。

受入可能な検体

  • A区分:糞便検体
  • B区分:その他生体由来検体

由来検体の種類
ヒトヒト糞便
実験動物類マウス、ラットなどの動物糞便、腸管内容物
家畜類ブタ、ウシ、ウマなどの動物糞便、腸管内容物
家禽類ニワトリなどの家禽糞便、腸管内容物
ペット類イヌ、ネコなどのペット糞便
その他魚類、昆虫などの糞便、腸管内容物

由来検体の種類
ヒト
(その他動物種はご相談ください)
唾液、プラーク
皮膚拭取物
膣内拭取物

必要検体量・送付方法

検体の種類必要量留意点および送付方法
A区分糞便
腸管内容物
ルーメン液
採便容器 (保存液なし)
もしくは気密性の高い容器
0.2~0.5 g採取後速やかに冷凍保存、冷凍輸送
採便容器 (保存液あり)採取後速やかに冷蔵保存 冷蔵輸送推奨、
常温輸送可
B区分A区分以外
(口腔内容物
(唾液、プラーク)、皮膚拭取物など)
スワブ
メタフロキーパー(皮膚)
1.5 mLチューブなど
0.2~1 mL
(唾液)
唾液、舌苔、口腔粘膜、プラークを採取し、
速やかに冷凍保存、冷凍輸送
綿棒やコットンなどで広範囲を拭き取った検体は、
極少量の適切な溶液(PBS、生理食塩水、滅菌水など)に移し、速やかに冷蔵保存、冷蔵輸送
血液、臓器、細胞組織の受け入れはお断りいたします。

生体由来検体の返送

ガイド「生体由来検体の返送に関するご案内」をご確認下さい。

作業内容容器サイズ(内寸)単位価格
生体由来検体返送(冷凍10サイズ230 mm×230 mm×200 mm39,650円
追加1個+9,750円
50サイズ320 mm×450 mm×350 mm56,550円
追加1個+29,250円

作業の流れ

仕 様

使用機器またはキット内容
Mag LEAD 12gc または、
GENE PREP STAR PI-480 およびNR201
A区分検体から得た粗抽出DNAの精製を実施します。
MORA-EXTRACTB区分検体からの抽出~精製を実施します。

納品内容・報告書サンプル

滅菌水もしくはTE バッファーで溶解したDNA を、70μL 以上納品します。
吸光度にて測定したDNA 濃度測定結果をご報告いたします。

報告納品内容形式
DNA 抽出物0.5 mLチューブ
DNA 濃度測定結果Excel ファイル

価格・納期

試験項目区分検体数単位単価
(税抜)
目安納期
DNA抽出A区分1検体
9,000円
10営業日~
B区分1検体
11,000円
15営業日~

オプション

試験項目内容
秤量DNA抽出に使う検体量を秤量し、抽出を行います。
※ リアルタイムPCR解析に使用する場合は必須となります。
PCR増幅確認16S rDNAのユニバーサルプライマーを用いてPCR増幅の有無を確認します。
二本鎖 (ds) DNA濃度測定 (蛍光法)蛍光法によりQubitまたはマイクロプレートリーダーで測定します。
濃度調整TEバッファーで指定の濃度に希釈調整します。
※ DNA抽出物が指定の濃度未満の場合、調整できません。
ゲノムDNA電気泳動0.5 %アガロースゲル電気泳動によりゲノムDNAのバンドを確認します。
※ DNA濃度が低い場合は、バンドの確認ができないことがあります。
糞便 混錬作業均一化のための糞便の混錬作業です。同一検体を複数の容器でお送りいただき、
それらをまとめて秤量する場合、混錬作業が必要な場合があります。
報告内容形式
秤量結果Excelファイル
PCR増幅確認結果jpgファイル
二本鎖 (ds) DNA濃度測定結果Excelファイル
濃度調整結果Excelファイル
ゲノムDNA電気泳動結果jpgファイル
試験項目検体数単位単価
(税抜)
目安納期
秤量1検体
1,000円~
+2営業日~
PCR増幅確認1検体
6,000円
+5営業日~
二本鎖 (ds) DNA濃度測定(蛍光法)1~4検体
6,000円
+2営業日~
5~23検体
3,000円
24~検体
2,000円
濃度調製1検体
1,000円
+5営業日~
ゲノムDNA電気泳動1~7検体
2,000円
+5営業日~
8~お問い合わせ下さい
糞便 混練作業1検体
1,000円~
お問い合わせ下さい

※ 別途、処分費が必要となることがあります。詳細はお問い合せ下さい

依頼書の入手と同意事項の確認

ご依頼前の同意事項(共通) およびテクノスルガ・ラボ基本約款 を確認してお申込み下さい。

・ DNA抽出物の返送には、別途送料が必要となります。
リアルタイムPCR解析、または糞便理化学分析を同時あるいは追加で行う場合には、保存液入りの採便容器は使用できません。保存液なしの容器をご使用の上、冷凍で保存下さい。
・ 解凍に伴う梱包材の軟化や破断による汚染が考えられるため、発泡スチロールなどに梱包いただき、漏洩にご注意下さい。
・ 秤量および他試験項目を同時に行う場合には、検体の必要量が変わりますのでお問い合わせ下さい。
・ 本試験項目は、当社の受託解析サービス (アンプリコンシーケンス解析、リアルタイムPCR解析など) の基本サービスであり、当社の受託解析サービス以外での解析における必要なDNA量および品質を保証するものではありません。
・ 当社において、ショットガンメタゲノム解析での最適なDNA抽出方法の検証は行っておりません。
・ DNAの収量は、検体の採取量および保存状態に依存します。あらかじめご了承下さい。
・ DNAの断片化や収量の評価については、オプションサービスをご依頼下さい。
・ DNA抽出物は液量70 µL以上を納品します。
・ 糞便の場合、DNA必要量がお決まりの場合には事前ご相談下さい。
ご依頼前の同意事項 (共通) を必ずご確認下さい。

ご依頼は、以下のファイルよりお申し込み下さい。

確認と同意事項

分析ごとの同意事項、ご依頼前の同意事項(共通)
およびテクノスルガ・ラボ基本約款 を確認しました。

確認と同意事項

分析ごとの同意事項、ご依頼前の同意事項(共通)
およびテクノスルガ・ラボ基本約款 を確認しました。