腸内環境分析用 糞便採取キット・採取容器

特 長

概 要

 腸内細菌叢を解析する場合、採取した糞便の菌叢を安定的に維持する必要があります。当社では手順通りの採便で必要な便量を確保できる、ブラシ型の採便容器を開発、販売しています。ブラシ型の採便容器は固形便に適しており、アンプリコン解析などで適切な便量を確保できる従来型とショットガンシーケンス解析などでより多くの便量を確保できるロングの2種類を用意しています。また、水様便を採取したい場合に最適なスプーン型もあります。

 また、被験者様がご自宅で採便しても、室温のまま回収し、糞便理化学分析が可能な採便容器「メタボロキーパー」を開発いたしました。実施可能な理化学分析項目は、糞便中有機酸分析および糞便中胆汁酸分析となります。

※胆汁酸分析のみのご依頼の場合には、有機酸分析が必須となります。またリアルタイムPCRをご依頼の場合にも有機酸分析は必須になります。

メタボロキーパー:取り扱い説明書はこちら
ブラシ型用:取扱説明書はこちら
スプーン型用:取扱説明書はこちら
楽流カップ WIDE:取扱説明書はこちら
グアニジン溶液(採便容器の保存液)SDSはこちら

製品内容

Edit

ブラシ型/保存液あり/採便シート

スプーン型/保存液なし/楽流カップ WIDE

1キットごとにチャック付きの袋に個包装しているので、被採便者に直接配布できます。 また採便シートに代わり楽流カップをキット内容とした製品 (保存液なし/スプーン型のみ) も用意しています。
Edit

ブラシ型 (上) とブラシ型ロング (下)

採便容器のみの販売となります。 ブラシ型、ブラシ型ロング、スプーン型 があります。 個包装での納品ではありません。ご依頼いただいた本数をまとめて梱包して納品します。 なお、ブラシ型容器は冷凍保存しないで下さい。

採便容器(スプーン型)は、現在販売を見合わせております。お問い合わせは、当社営業部までご連絡ください。

Edit

メタボロキーパー

凍結させることなく、糞便理化学分析および腸内細菌叢解析が行えます。容器上部に保存液が充填されており、保存液中の内部標準により、定量的に補正可能となっています。実施可能な糞便理化学分析項目は、糞便中有機酸分析および糞便中胆汁酸分析となります。
楽流カップWIDEと組合わせたキット販売となります。

Edit

楽流カップ 使用例1(便座に貼って使用)

楽流カップ 使用例2(便器に貼って使用)

3Dカッティング技術により作製されたこの楽流カップは、固形便はもとより、軟・水様便も安定した採便が可能です。便座にも便器にも貼り付けて設置できますので、排便後も便器にセットした状態を保持できます。そのため、便が水没する心配がなく、慌てずに採便することが可能です。使用後はそのまま水に流せますので、便器内に手を入れる必要がありません。
<WIDEへの主な変更点>

従来製品よりカップを大きく設計しています。

(上:WIDE、下:従来品)

粘着部を幅広くすることで安定感が向上しました。

余分な水分の混入し難い、形状に変更されました。楽流カップWIDEは、採便時の被験者のストレスの軽減や、解析研究の信頼性の向上を考えるお客様にお勧めいたします。

採便前後の採便容器の保存と期限(菌叢を維持できる目安期間)

保存液 採便前 採便後 採便後の輸送

あり

使用期限: 6ヶ月(室温/冷蔵

ブラシ型およびブラシ型ロング:室温約1ヶ月 (冷蔵推奨)

冷蔵
(常温輸送可)

【注 意】
容器が破損する恐れがあるため、冷凍保存はしないで下さい。
スプーン型は蓋を上にし、立てたまま保管してください。

【メタボロキーパー 注意】
採便後蓋をしっかりと締めた後、蓋の部分を上にして軽く振り、保存液を落としてください。
保存液を落とした後で、便としっかり混ぜてください。

なし

使用期限: なし

冷凍保存 (融解しないようご注意下さい)
採便後はなるべく速やかに冷凍で保存下さい。

冷凍

<オプション>

Edit

ブラシ型/保存液あり/採便シート

採便シート

便器の内側の水面に浮かべて使用します。シート上に排便することで、便器内の水中への沈み込みを防ぎ、採便後はそのまま水に流すことができます。ただし、便が水没する可能性があるため、すばやく採便する必要があります。
Edit

目隠しシール

スプーン型 に貼り付けて使用できます

採便容器 (スプーン型) 専用の目隠しシールです。容器に貼っていただくことで、内容物を遮蔽します。全てを覆うサイズではないため、シールの隙間から採取されているかどうかが確認できます。シールはフリーザー (-30℃) での使用も可能な材質で、必要な情報を自由に書き込むことができます。

Edit
image46

保管箱 採便容器(スプーン型用)25本立て

外寸法 (L×W×H) 147 ㎜×147 ㎜×97 ㎜

保管箱 採便容器(ブラシ型用)100本立て

外寸法 (L×W×H) 147 ㎜×147 ㎜×125 ㎜

採便容器 (スプーン型) および採便容器 (ブラシ型) 専用の保管箱です。それぞれ容器を立てて収納することができます。丈夫な紙製のため、ディープフリーザー (-80℃) でも使用可能です。実際の保管箱には上蓋を付属して納品します。
なお、ブラシ型容器は冷凍保存しないで下さい。

価格・納期

製品名Cat. No.タイプ入数価格目安納期
採便キット
————
採便容器
採便シート
説明書
個包装
————
FS-0006保存液:あり
形状:ブラシ型
10キット
15,000円
5営業日
(北海道、沖縄県、九州などは6営業日)
30キット
39,000円
50キット
62,000円
100キット
122,000円
FS-0014保存液:あり
形状:ブラシ型ロング
10キット
17,000円
30キット
45,600円
50キット
71,000円
100キット
140,000円
保存液:あり
形状:スプーン型
販売停止いたしました
FS-0008保存液:なし
形状:スプーン型
10キット
5,000円
30キット
12,000円
50キット
18,000円
100キット
34,000円
採便キット
————
採便容器
楽流カップWIDE
説明書
個包装
————
FS-0009保存液:なし
形状:スプーン型
10キット
6,000円
30キット
16,200円
50キット
24,000円
100キット
46,000円
メタボロキーパー
————
採便容器
楽流カップWIDE
説明書
個包装
————
FS-001510キット
33,000円
10営業日
(北海道、沖縄県、九州などは11営業日)
採便容器のみFS-0001保存液:あり
形状:ブラシ型
10本
10,000円
5営業日
(北海道、沖縄県、九州などは6営業日)
30本
26,400円
50本
41,000円
100本
80,000円
FS-0013保存液:あり
形状:ブラシ型ロング
10本
12,000円
30本
33,000円
50本
50,000円
100本
98,000円
保存液:あり
形状:スプーン型
販売停止いたしました
FS-0003保存液:なし
形状:スプーン型
10本
3,000円
30本
5,400円
50本
7,000円
100本
12,000円
採便シートFS-000410枚
600円
楽流カップWIDEFS-000510枚
1,400円
目隠しシールFS-001010枚
400円
個装用ビニール袋FS-0016100枚
1,000円
保管箱FS-0011Bブラシ型用1箱
3,400円
FS-0011Sスプーン型用
2,500円

※ 送料はご依頼キット数により異なります。

依頼書の入手と同意事項の確認

ご依頼前の同意事項(共通) およびテクノスルガ・ラボ基本約款 を確認してお申込み下さい。

・ 10 (キット・本・枚) 単位でご注文下さい。
計100キット (本) 以上のご依頼の場合の納期についてはお問い合せ下さい。
本製品は、研究用試薬 (キット) であり医療品や医療器具ではありません。ヒトへの医療、臨床診断にはご使用できません。
本製品は、DNAの保存性に関する製品であり、RNAの保存性については検証をしておりません。
・ 本製品は、ウイルス等の不活化については検証をしておりません。
・ 本製品を用いた検査結果判定により発生する問題に関して、当社は一切の責任を負いません。
・ 本製品の再販および本製品を改変し再販することに起因する損失・損害等については、当社では一切の責任を負いません。
リアルタイムPCR解析や糞便理化学分析を実施される場合には、保存液なしの容器をご使用下さい。
・ 保存液ありのタイプは、100キット (本) までは予備品1キット (本) が付きます。以降、100キット (本) ごとに1キット (本) 予備品が付きます。
・ 「取扱説明書」が必要の場合、当社ホームページよりダウンロードしてご利用下さい。
・ スプーン型はブラシ型に比べると、多量に採便できるため、採便量と保存液との割合によっては、安定性が低くなる可能性があります。
・ 保存液が誤って皮膚に付いたり目や口に入った場合は、水で充分に洗い流して下さい。瞬時に害を与えるものではありませんが、刺激が残る場合、必要に応じて医師の診察を受けて下さい。
・ お子様の手の届かない場所に保管し、お子様が誤飲されないようにご注意下さい。
ご依頼前の同意事項 (共通) を必ずご確認下さい。

ご依頼は、以下のファイルをダウンロード頂きお申し込み下さい。

利用規約

分析ごとの同意事項、ご依頼前の同意事項(共通)
およびテクノスルガ・ラボ基本約款 を確認しました。