Rapid解析(DNA特急)・カビ形態Rapid

特 長

  • 日本薬局方を準用したプロトコルによる同定
  • 中間報告(相同性検索結果)を最短2 営業日でお届け(BLAST Rapid 解析は除く)
  • 学術的な根拠と経験に基づいた同定精度の高い結果
  • 帰属・近縁種のバイオセーフティレベル付きで報告

概 要

医薬品や食品・飲料メーカーなどで衛生管理を担当され、特に迅速性を要求されるお客様におすすめです。
DNA 塩基配列解析には、当社が微生物の同定用に開発した微生物同定システム「ENKI®」を使用します。相同性検索
は、当社の微生物同定データベースと国際塩基配列データベース (DDBJ/ENA(EMBL)/GenBank) に対して行い、最終的に簡易分子系統解析の結果から帰属・近縁種の同定結果、近縁種のバイオセーフティレベル(BSL)の情報を報告いたします。
カビ形態 Rapid は、顕微鏡観察により識別可能なレベル(基本、属レベル)までの分類群を同定します。

※16S rDNA‐500 BLAST Rapid は国際塩基配列データベースとの相同性検索結果の報告のみとなります。

文献による「菌種情報調査サービス」もご用意しております。
同定された微生物種についての一般性状を当社保有の文献より調査いたします。

受入可能な検体

カテゴリー必要量培養時間・送付方法
細菌純粋培養物
(平板培地1 枚)
平板培養による純粋培養物をご用意下さい。 コンタミネーションにより単離や、当社での再培養を行う必要(常用培地、好気培養以外)がある検体は、別途有償での作業が必要となります。 平板培養物のコロニーから、解析対象とするコロニーをマジックなどで印を付け必ずご指定下さい。
酵母
カビ※4

作業の流れ

BLAST Rapid 解析

  • 純度確認
  • DNA抽出
  • PCR増幅
  • シーケンス
  • 配列決定
  • 相同性検索

Rapid 解析

  • 純度確認
  • DNA抽出
  • PCR増幅
  • シーケンス
  • 配列決定
  • 相同性検索
  • 系統解析

カビ形態 Rapid

  • 検体外観観察
  • プレパラート作製
  • 顕微鏡観察・写真撮影
  • 分類群の同定

報告内容・報告書サンプル

カテゴリー製品名報告内容付属データ
細菌16S rDNA‐500 BLAST Rapid・国際塩基配列データベース
         照合結果の上位30位
・DNA塩基配列データ
・シーケンス波形データ
酵母26S rDNA-D1/D2 Rapid・国際塩基配列データベース
         照合結果の上位30位
・当社微生物同定データベース
         照合結果の上位30位
・系統樹
・同定結果 + 帰属・近縁種の
        バイオセーフティレベル
カビITS rDNA Rapid
28S rDNA-D1/D2 Rapid
カビ形態Rapid・コロニー形態および細胞形態の特徴(菌糸、分生子など)の顕微鏡観察結果と写真
識別可能なレベル(基本、属レベル)までの分類群の同定結果
・顕微鏡観察写真
  • 細菌Rapid解析
  • カビ形態Rapid

価格・納期

カテゴリー製品名単位単価
(税抜)
中間報告※1目安納期
細菌16S rDNA-500 BLAST Rapid19,500円3営業日
16S rDNA-500 Rapid31,500円2営業日4営業日
27,300円3営業日
酵母26S rDNA-D1/D2 Rapid31,500円2営業日
27,300円3営業日
カビITS rDNA Rapid27,300円3営業日
28S rDNA-D1/D2 Rapid
カビカビ形態 Rapid14,300円3営業日

※1  中間報告は、BLAST相同性検索の結果をE-メール、またはFAXで報告いたします。報告書の結論と異なる可能性があります。 

ご依頼前の同意事項

ご依頼前の同意事項(共通) およびテクノスルガ・ラボ基本約款 を確認してお申込み下さい。

見積書・注文書の取り交わしを省略し、依頼書および検体のご到着をもって注文とし、解析を開始します。
純粋培養された検体に限り直接試験を実施します。混釈培養物、液体培養物は即時解析できません。平板塗抹による純粋培養物をご用意下さい。
・ 一度にお受けできる検体数は、1 依頼あたり8 株までです。
・ 検体受付の前営業日 17 時までに依頼書の到着がない場合、所定の日数での報告ができないことがあります。
・ コンタミネーションにより単離や、当社での再培養を行う必要(常用培地、好気培養以外)がある検体は、別途有償での作業が必要となります。
・ 複数の帰属種の同定候補がある場合や新規分類群に該当する可能性がある場合など、帰属・近縁種の同定が困難なことがあります。
・ カビ形態Rapid は、衛生管理向けの迅速な解析です。分類群や培養品の状態によっては、帰属・近縁種の同定ができないことがあります。
また、結果に添付する顕微鏡写真などは、学術研究報告向けを想定したものではありません。
・ カビ・酵母の場合、テレオモルフ(有性時代)とアナモルフ(無性時代)の判別はできません。
・ スラント、保存アンプル作製などの培養を含む追加試験を行う場合、別途菌株の再送をお願いすることがあります。
・ ご依頼前の同意事項(共通)を必ずご確認下さい。

ご依頼は、以下のファイルよりお申し込み下さい。