カビ機能遺伝子解析

カビ機能遺伝子解析 ホーム / カビ / カビ_同定試験 特長 概要 カビの同定には、主にrDNAのITS領域および28S rDNAのD1/D2領域の塩基配列を使った解析が行われますが、これらの領域のみでは種の識別が困難な分類群が複数存在します。これらの分類群には、機能遺伝子解析が有効な場合があります。例えば、当社ではPenicillium属にはβ-tubulin遺伝子、Aspergillus属にはcalmodulin遺伝子、Fusarium属やTrichoderma属にはTEF-1α (Translation...

きのこ同定試験

きのこ同定試験 ホーム / 研究 特長 概要 きのこの同定には、従来の子実体の形態的特徴に基づく手法に加えて、DNA塩基配列 (rDNAのITS領域または28S rDNAのD1/D2領域) を使った解析がよく用いられます。当社では、お預かりした微生物株または子実体に対し、最適な領域を提案します。また、国際塩基配列データベース(DDBJ/ENA/GenBank)...

その他追加試験 (カビ)

その他追加試験 (カビ) ホーム / カビ / カビ_研究 概要 微生物株の毒素産生能や生育性などの評価をする試験です。以下の試験の他にも、ご要望に応じた試験を提案します。お気軽にお問い合わせ下さい。 アフラトキシン生合成遺伝子解析試験Aspergillus oryzaeはアフラトキシン生合成遺伝子が欠失していることにより、カビ毒のアフラトキシンを産生しないことが報告されています。当試験は、酒類総合研究所の試験方法1)-3)に基づき、 アフラトキシン生合成反応に必要な酵素をコードする遺伝子のうち7つの遺伝子...

菌種情報調査サービス

菌種情報調査サービス ホーム / その他の微生物試験 特長 概要 学名から分離源、至適生育温度、抗生物質耐性など、その菌種に関する性状を調べるためには、論文や専門書など多くの情報源を調査する必要があり、時間と労力がかかります。グラム染色性や生育温度などの基本的な情報から、種々の分離報告例、抗生物質耐性、病原性などのより詳細な性状まで、当社所蔵の文献などを使い幅広く調査します。 納品内容 試験項目報告内容 (...

微生物試験に関するテクニカルトレーニング

微生物試験に関するテクニカルトレーニング ホーム / 2024 特長 概要 微生物を取扱う上での基礎的な技術、顕微鏡観察あるいはDNA塩基配列解析などの専門的な技術を学ぶためのテクニカルトレーニングです。開催予定日および参加者募集の最新情報は、当社ホームページをご参照下さい。...

保存アンプル作製・微生物株保管管理

保存アンプル作製・微生物株保管管理 ホーム / 共通試験 特長 概要 保存性やコスト面に優れたL-乾燥法を用いた保存アンプル作製を行います。L-乾燥法による保存アンプルは、20年間の特許期間中、特許微生物株を維持しなければならない条件に適合する方法として、特許株の寄託機関が採用しています。当社が作製する保存アンプルは、日本国内における特許微生物株の寄託先である特許微生物寄託センター (NPMD)...