当社採便容器の保存液によるコロナウイルス不活化検証済み

 新型コロナウイルス感染症の広がりの中、当社採便容器の使用、採取後の保管や輸送時における感染リスクについて、お問い合わせをいただいています。
 コロナウイルス感染者の糞便からは、最初の症状が現れてから平均28 日後までコロナウイルスが検出 (口腔と比べ11 日程⾧い) されます (Wu et al. 2020)。また、糞便中のコロナウイルスは、手などを介した糞便-経口感染の可能性があることが報告されています(Guo et al. 2021)。
 当社採便容器のスプーン型 保存液あり、メタボロキーパーに使用している保存液について、外部機関にてウイルス不活化試験を実施した結果、保存液にウイルス試験液を添加15分後にはコロナウイルスが検出限界以下まで減少し、不活化されることが検証されました。なお、ブラシ型 (ブラシ型ロング) の検証はしておりません。
 採便容器内の保存液によりコロナウイルスは不活化されますが、糞便採取キットの使用後は付属のビニール袋に入れて収集・保管いただくとともに、手洗いやアルコール消毒の励行をお願いいたします。

 当社の腸内環境分析用 糞便採取キット・採取容器について

 参考文献

Wu Y, Guo C, Tang L, Hong Z, Zhou J, et al. Prolonged presence of SARS-CoV-2 viral RNA
in faecal samples. Lancet Gastroenterol Hepatol 2020;5:434–435.
Guo M, Tao W, Flavell RA, Zhu S. Potential intestinal infection and faecal–oral transmission
of SARS-CoV-2. Nat Rev Gastroenterol Hepatol 2021;29:1–15.