追加費用、作業工程の実費・重複割引のご案内

液体培養物、DNA抽出物およびPCR産物で分析のご依頼いただく場合には、下表を参照いただき、分析項目に応じた濃度、容量をご準備ください。
なお、PCR増幅を確認した電気泳動像のご提示を必須とさせていただきます。
依頼書の作成時にあわせてご用意ください。

追加費用一覧

培養条件や検体の状態によって、以下の追加費用が必要となります。
項目単位価格説明
微生物の区分確認※1検体報告書あり3,000円検体(培養物)の微生物区分が細菌、放線菌、カビ、酵母のいずれに該当するか不明なものとしてご依頼いただき、顕微鏡観察による区分確認を行った場合
報告書なし1,000円
単離・培養※2検体5,000円単離・培養が必要と判断した場合
検体10,000円複数菌種が混在し、繰返し
純化作業が必要と判断した場合
検体17,000円~微生物分離レベルの純化作業が必要と判断した場合
指定培地※2,3,4,5
(常用培地以外の培地)
※65,000円常用培地
普通寒天培地(Nutrient Agar), 標準寒天培地, LB,
SCD, MRS, SCDLP, GAM, ISP2, MB2216, R2A, PD, MA, CMA, YM, MY20, M40Y
嫌気培養※3,5※64,000円市販の嫌気培養パックなどで培養可能な場合
微好気培養※3,5※64,000円市販の微好気培養パックなどで培養可能な場合
その他培養検体お問い合わせ下さい光照射、要ガス置換、高温培養など
一時保管費用検体1,000円/月翌月から、1ヶ月以内は無償です。2ヶ月以降最長3ヵ月の間で有償にて保管いたします。3ヶ月以上の保管は行いません。(お客様宛てに返送させていただきます。)

※1 微生物の区分確認を不要でご依頼いただいた試験において、微生物区分の変更が生じた場合は、それまでの作業費をご負担いただきます。(例PCR増幅で判明の場合6,000円となります。)
※2 常用培地に基質成分の添加、pH調整などの培地調製の追加作業が必要な場合、指定培地扱いとなります。
※3 複数の試験をご依頼の場合、試験項目ごとに負担していただくものではありません。
※4 指定培地で微量金属溶液やビタミン溶液添加など、合成培地の調製を必要とする場合、調製方法に応じて追加費用が必要となります。
※5 指定培地や微好気・嫌気培養をご指定される場合、本カタログ記載の納期、目安日数より多くの試験日数を必要とすることがあります。
※6 1回のご依頼にて、「複数株」「同じ培地」を指定していただいた場合、5株まで(分離培養などの場合は5検体まで)は、検体数に関わらず、一式分の価格となります。

作業実費例

当社では、やむを得ず試験を中止する、もしくはある段階以降の試験進行が困難な場合、それまでの作業実費のみ請求させていただきます。
作業内容対象試験費用
DNA抽出までDNA塩基配列解析、微生物群集構造解析3,000円
PCR増幅までDNA塩基配列解析、微生物群集構造解析6,000円
シーケンスまでDNA塩基配列解析14,000円
切り出し再PCR微生物群集構造解析3,000円

作業工程の重複割引例

同一検体で追加試験または、複数の試験を同時にご依頼頂いた際に、前試験と重複する不要な作業工程がある場合、重複する作業工程分の費用を割引します。
作業内容対象試験費用
DNA抽出DNA塩基配列解析1,000円
DNA抽出微生物群集構造解析3,000円