2020年4月に有機酸分析システムを追加導入いたしました

同一の糞便検体について従来機と新型機で測定した結果。
新型機は従来機と同等の測定値が得られることがわかりました。

有機酸分析システムについて

糞便中有機酸分析について、多くのお客様にご利用いただいており、さらなる分析速度の向上のために2020年4月に有機酸分析システムを追加導入いたしました (表1)。同一の糞便検体について従来機と新型機で測定した結果 (図1)、新型機は従来機と同等の測定値が得られることがわかりました。2020年7月より新規のお客様のご依頼については、新型機での測定結果を納品させていただいています。ご依頼の際に、依頼書にご要望の機種をご選択いただくようにお願いいたします。

表1. 有機酸分析システム1号機 (従来機) と2号機 (新型) の測定条件

島津有機酸分析システム 1号機 (従来機)
・カラムShim-pack SCR-102(H), 300 mm × 8 mm ID, 2本直列で使用
・ガードカラムShim-pack SCR-102(H), 50 mm × 6 mmID
・オーブン温度45°C
・電気伝導度検出器CDD-10A
島津有機酸分析システム 2号機 NEW
・カラムShim-pack Fast-OA, 100 mm × 7.8 mm ID, 3本直列で使用
・ガードカラムShim-pack Fast-OA, 10 mm × 4.0 mm ID
・オーブン温度50°C
・電気伝導度検出器CDD-10Avp
共通
・溶離液5 mmol/L p-トルエンスルホン酸
・反応液5 mmol/L p-トルエンスルホン酸, 100 μmol/L EDTA, 20 mmol/L Bis-Tris
・流速0.8 mL/min

図1. 有機酸分析システム1号機 (従来機) と2号機 (新型) の糞便検体の測定結果の比較

試験に関するお問い合わせ

株式会社テクノスルガ・ラボ 営業部
E-mail:tsl-contact@tecsrg.co.jp
電話番号:054-349-6211