抗菌性試験

説明

細菌、カビ、酵母の抗生物質に対する感受性/耐性は、菌種および菌株により異なり、この特徴は菌種同定にも使われます。 近年、多くの菌群の中で薬剤耐性菌の増加が確認されています。
臨床分野だけではなく、環境中にも抗生物質に対する耐性菌が増加するなど、菌種の同定と同時に薬剤耐性の確認の需要も多くなりました。また、植物など天然物由来成分などの抗菌物質に対する抗菌性を確認する要求も増えています。
これらの抗生物質に対する感受性/耐性の確認、抗菌物質に対する抗菌性の確認は、ペーパーディスク法(定性試験)やMIC 法(定量試験、平板希釈法および微量法)などの方法で行います。一般には抗生物質に対する感受性/耐性を確認する際には、特定の抗生物質を選択し試験を実施します。よく使用される微生物として、黄色ブドウ球菌や大腸菌、緑膿菌などがあります。

抗菌物質に対する抗菌性を確認する際には、特定の抗菌物質のご提供と濃度設定および試験する微生物を選択いただきます。よく使用される微生物としては黄色ブドウ球菌や大腸菌、緑膿菌以外にも胞子形成能を持つグラム陽性菌(Bacillus属)および菌類(カビ、酵母など)があります。

試験内容

項目 概要
ペーパーディスク法 寒天培地に試験対象微生物を全面塗抹し、その上に抗生物質や抗菌物質を浸み込ませたペーパーディスクを載せ、一定温度、時間で培養します。その後、ペーパーディスク周囲の微生物の発育阻止帯(ハロー)の大きさから、定性的に抗菌物質に対する感受性/耐性の確認、抗菌物質の抗菌効力を評価します。
MIC法 任意の濃度に調整した抗生物質や抗菌物質を加えた培地中に試験する微生物を接種し、最小発育阻止濃度(MIC)を調べます。

価格・納期

項目 条件 単位  単価 目安納期
抗菌性試験
(ペーパーディスク法)
薬剤1種類/濃度3点、対照株1の場合  式 23,000円 14営業日
薬剤1種類/濃度3点、対照株3の場合  式 72,000円
 MIC法 抗菌性試験
(平板希釈法)
薬剤1種類/濃度13点、対照株1の場合  式 60,000円 20営業日
薬剤1種類/濃度13点、対照株3の場合  式 117,000円
 MIC法 抗菌性試験
(微量液体希釈法)
薬剤1種類/濃度13点、対照株1の場合  式 37,000円
薬剤1種類/濃度13点、対照株3の場合  式 111,000円

・常用培地以外の培地や嫌気条件での培養などを指定の場合、追加費用が必要となります。(培養追加費用→ 【ガイド】検体送付と追加費用のご案内を参照下さい)

依頼書の入手と同意事項の確認

ご依頼前の同意事項、ご依頼前の同意事項(共通) およびテクノスルガ・ラボ基本約款 を確認してお申込み下さい。

  当社で対照株を購入する場合、別途追加費用が必要となります。
 当社で用意できない薬剤につきましては、お客様にてご用意下さい。
  ご依頼前の同意事項(共通)を必ずご確認下さい。

分析のご依頼は、以下のファイルをダウンロード頂きお申し込み下さい。