研究・発表など実績

原著論文 (英文誌)

Handa, Y., Tazato, N.Nagatsuka, Y.Koide, T., Kigawa, R., Sano, C. & Sugiyama, J. (2016).Stenotrophomonas tumulicola sp. nov., a major contaminant of the stone chamber interior in the Takamatsuzuka Tumulus. Int J Syst Evol Microbiol.(link)

Nagatsuka, Y.Ninomiya, S.Kiyuna, T., Kigawa, R., Sano, C. & Sugiyama, J. (2016). Yamadazyma kitorensis fa, sp. nov. and Zygoascus biomembranicola fa, sp. nov., two new yeasts from the stone chamber interior of the Kitora Tumulus, and five novel combinations of Candida species in Yamadazymaand Zygoascus. Int J Syst Evol Microbiol.(link)

Teramoto, M., Onodera, K.-i., Moriyama, H., Komatsu, A., Akakabe, M. & Nishijima, M. (2016). Aurantiacicella marina gen. nov., sp. nov., a myxol-producing bacterium from surface seawater. Int J Syst Evol Microbiol. 66, 248–254(link)

Takei, T., Konuma, T., Takahashi, S., Miharu, Y., Suzuki, M., Shibata, H., Ishii, H., Kato, S., Takahashi, S. & Tojo, A. (2016).

Multi-locus sequence analysis for identification of Achromobacter xylosoxidans from blood culture.

Infect Dis, 1-3.(link)

学会発表

武井智美・小沼貴晶・石井敬人・加藤せい子・高橋俊輔・高橋聡・東條有伸 (2016). 
臍帯血移植の経過中に Achromobacter による血流感染症を認めた急性骨髄性白血病 の 1 例.第4回 日本血液学会関東甲信越地方会

東村泰希・内藤裕二・髙木智久・内山和彦・水島かつら・大野木宏・工藤庸子・安井まどか・乾星菜・久田貴義・本多彰・松崎靖司・吉川敏一伸 (2016).

腸内環境の異常 “Gut dysbiosis” に対する寒天由来オリゴ糖の有効性. 第2回 Gut Microbiota研究会

田村基・堀幸子・星千草・高橋俊輔富田順子・寺尾純二 (2016).

ヒト腸内菌叢のケルセチン代謝の解析. 第20回 腸内細菌学会

小沼貴晶・高橋俊輔喜友名朝彦・三春祐太・鈴木正人・柴田浩子・加藤せい子・高橋・聡・東條有伸 (2016). 
Micafungin投与中にFks1変異を有するCandida fermentatiによる真菌血症を認めた1 例. 第37回 関東医真菌懇話会

原著論文 (英文誌)

Kiyuna, T.An, K.-D., Kigawa, R., Sano, C., Miura, S. & Sugiyama, J. (2012). Bristle-like fungal colonizers on the stone walls of the Kitora and Takamatsuzuka Tumuli are identified as Kendrickiella phycomyces. Mycoscience 53, 446–459(link)

Tazato, N.Nishijima, M.Handa, Y., Kigawa, R., Sano, C. & Sugiyama, J. (2012). Gluconacetobacter tumulicola sp. nov. and Gluconacetobacter asukensis sp. nov., isolated from the stone chamber interior of the Kitora Tumulus. Int J Syst Evol Microbiol 62, 2032–2038.(link)

Nakase, T., Jindamorakot, S., Am-In, S., Ninomiya, S. & Kawasaki, H. (2012). Wickerhamomyces tratensis sp. nov. and Candida namnaoensis sp. nov., two novel ascomycetous yeast species in the Wickerhamomyces clade found in Thailand. J Gen Appl Microbiol 58, 145–152.(link)

Nishida, H., Kondo, S., Matsumoto, T., Suzuki, Y., Yoshikawa, H., Taylor, T. D. & Sugiyama, J.(2012). Characteristics of nucleosomes and linker DNA regions on the genome of the basidiomycete Mixia osmundae revealed by mono-and dinucleosome mapping. Open biology 2, 120043.(link)

紀要・その他

木川りか, 佐野千絵, 喜友名朝彦, 立里臨, 杉山純多, 早川典子, 川野辺渉 (2012).

キトラ古墳から分離された細菌や酵母の修復用高分子材料に対する資化性試験. 保存科学 51, 157–166.(link)

木川りか, 佐藤嘉則, 喜友名朝彦立里臨杉山純多, 早川典子, 川野辺渉 (2012).

キトラ古墳の微生物調査報告 (2011).保存科学 51, 167–171.(link)

書籍(分担執筆)

杉山純多 (2012). Aspergillus属の分子系統分類学: 最近の進歩と展望. 改訂版 分子麹菌学. pp. 241–259. 北本勝ひこ 編著. 東京: 公益財団法人日本醸造協会.(link)

細矢 剛, 杉山純多 (2012). 6.1 菌類 (総論). 進化学事典. pp. 166–171. 日本進化学会 編. 東京: 共立出版.(link)

学会発表

Tomita, J.Takahashi, S.Hisada, T., & Nishijima, M. (2012). Bacterial community analysis of environmental samples using Ion torrent semiconductor sequencing system. 第28回 日本微生物生態学会

西島美由紀富田順子立里臨半田豊, 木川りか, 佐野千絵, 杉山純多 (2012). 高松塚・キトラ両古墳石室内外から分離された酢酸菌. 第36回 文化財の保存および修復に関する国際研究集会

Nishijima, M.Tomita, J.Tazato, N.Handa, Y., Kigawa, R., Sano, C. & Sugiyama, J. (2012). The Takamatsuzuka and Kitora Tumuli, Nara, Japan: Disturbance by bacteria and their identity. JSPS International Scientific Exchange. Joint Seminar between Japan and Hungary Chemical and Ecological Researches on The Microorganisms for Preserving Cultural Properties in Both Japan and Hungary.

瀧井幸男, 井上裕美, 永吉恵美, 立里臨大村聖子, 關谷次郎 (2012). 植物性乳酸菌 Lactobacillus sp. NCCB100334の分類学的特性とGABA 生産. 日本農芸化学会 関西支部大会 第476回講演会

前田利男, 山﨑元貴, 望月淳久田貴義 (2012). 脂肪肝およびインスリン抵抗性の発症に対する食物繊維の改善作用と腸管内細菌叢に及ぼす影響との関連性. USフォーラム2012

教育・展示会・その他活動

高橋俊輔 (2012). 微生物群集構造解析手法の紹介 ~DNA抽出方法の違いが微生物群集構造解析に及ぼす影響~. 第28回 日本微生物生態学会 ランチョンセミナー

梅川奈央 (2012). 食品開発・製造における菌株識別法の利用. 食品開発展2012

久田貴義 (2012). 食品の機能性評価に向けた腸内環境分析手法の提案. 食品開発展2012

望月淳 (2012). 微生物の多様性と食品利用、健康・機能性評価の可能性. 第5回「フードサイエンス~食の扉~」

下村謙悟 (2012). 腸内フローラ解析・迅速微生物同定試験. 関西バイオビジネスマッチング2012

下村謙悟 (2012). DNA解析による微生物迅速同定サービス (食の安全のために). ifia/HFE JAPAN 2012

喜友名朝彦二宮真也梅川奈央川口孝則 (2014). 私たちと身近な微生物. みんなでつなぐ元気が出るドリームサイエンス2014 in Shimizu

競争的資金

テクノスルガ・ラボ: 健康、食品評価に向けた腸内環境調査のための採便容器の開発財団法人静岡産業振興協会 産学共同研究委託事業 (平成24年度)

原著論文 (英文誌)

Takahashi, S.Tomita, J.Nishioka, K.Hisada, T. & Nishijima, M. (2014). Development of a prokaryotic universal primer for simultaneous analysis of Bacteria and Archaea using next-generation sequencing. PLoS One 9, e105592.(link)

Nakai, R., Nishijima, M.Tazato, N.Handa, Y., Karray, F., Sayadi, S., Isoda, H. & Naganuma, T. (2014). Oligoflexus tunisiensis gen. nov., sp. nov., a Gram-negative, aerobic, filamentous bacterium of a novel proteobacterial lineage, and description of Oligoflexaceae fam. nov., Oligoflexales ord. nov. and Oligoflexia classis nov. Int J Syst Evol Microbiol 64, 3353–3359.(link)

Teramoto, M. & Nishijima, M. (2014). Amylibacter marinus gen. nov., sp. nov., isolated from surface seawater. Int J Syst Evol Microbiol 64, 4016–4020.(link)

Teramoto, M. & Nishijima, M. (2014). Temperatibacter marinus gen. nov., sp. nov., a mesophilic bacterium isolated from surface seawater and description of Temperatibacteraceae fam. nov. in the class AlphaproteobacteriaInt J Syst Evol Microbiol 64, 3075–3080.(link)

Teramoto, M. & Nishijima, M. (2014). Agaribacter marinus gen. nov., sp. nov., an agar-degrading bacterium from surface seawater. Int J Syst Evol Microbiol 64, 2416–2423.(link)

Tsuchida, S., Takahashi, S., Nguema, P. P. M., Fujita, S., Kitahara, M., Yamagiwa, J., Ngomanda, A., Ohkuma, M. & Ushida, K. (2014). Bifidobacterium moukalabense sp. nov. isolated from the faeces of wild west lowland gorilla (Gorilla gorilla gorilla) in Gabon. Int J Syst Evol Microbiol 64, 449–455.

(link)

Furuhata, K., Ishizaki, N., Umekawa, N.Nishizima, M. & Fukuyama, M. (2014). Pulsed-Field Gel Electrophoresis (PFGE) pattern analysis and chlorine-resistance of Legionella pneumophila isolated from hot spring water samples. Biocontrol science 19, 33–38.(link)

原著論文 (和文誌)

甲斐知彦, 高橋一平, 沢田かほり, 大久保礼由, 久田貴義, 辨野義己, 中路重之 (2014). 弘前市の一般住民における加齢が腸内常在菌に及ぼす影響. アンチ・エイジング医学 日本抗加齢医学会雑誌 10, 95–103.(link)

総説

長島浩二久田貴義望月淳 (2014). T-RFLP 法による腸内細菌叢の解析. 腸内細菌学雑誌 28, 155–164.(link)

紀要・その他

烏蘭参丹 (2014). モンゴル人とスーテー・ツェー. 月刊「茶」12月号

Sugiyama, J. (2014). Obituary: Dr. Shin-ichi Hatanaka (1931-2014). Mycoscience 55, 423–424.(link)

半田豊 (2014). 微生物の迅速同定技術の活用. 特集‐食品安全のための微生物管理技術‐. ジャパンフードサイエンス 53, 45–51.(link)

Watanabe, K., Takahashi, I., Sawada, K., Okubo, N., Matsuzaka, M., Akimoto, N., Umeda, T., Nakaji, S., Hisada, T. & Benno, Y. (2014). Possible relationship between percentage of body fat and Lactobacillales in gut microbiota: results from a community-based study. 弘前医学 65, 12–20.

書籍 (分担執筆)

喜友名朝彦 (2014). 文化財の被害. 菌類の生物学. pp. 440–443. 日本菌学会 企画; 柿嶌眞, 徳増征二 責任編集. 東京: 共立出版.(link)

喜友名朝彦 (2014). Penicillium citrinumウイルス・細菌・真菌・寄生虫同定便覧. pp. 342–347.菅原隆 企画編集. 東京: 技術情報協会. (link)

学会発表

久田貴義, 遠藤香, 栗木 清典 (2014). ヒト腸内常在菌プロファイルの個人間変動および個人内変動. 第68回 日本栄養・食糧学会大会

高橋俊輔烏蘭参丹富田順子西岡かおり久田貴義 (2014). 除草剤散布が土壌細菌相に及ぼす影響 ~DNAおよびRNAを対象とした次世代アンプリコンシーケンス解析を用いた検討~. 第32回 農薬環境科学研究会

高橋俊輔富田順子久田貴義西岡かおり (2014). 次世代シーケンス解析におけるIndex PCR法は本当に有効な方法なのか? 環境微生物系合同大会2014

富田順子高橋俊輔久田貴義西岡かおり (2014). 次世代シークエンス解析の解析領域が様々なサンプルの帰属分類群の推定に及ぼす影響. 環境微生物系合同大会2014

黒木隆志, 黒木貴史, 高橋俊輔, 富田順子, 山田剛史, 平石明 (2014). 長期馴養した好酸性硝化リアクターの微生物学的特性. 環境微生物系合同大会2014

教育・展示会・その他活動

梅川奈央 (2014). 迅速化する微生物同定〜MALDI-TOF MSとDNA解析〜. 食品開発展2014

二宮真也 (2014). 微生物株の長期保存方法〜事故・災害時のリスク分散のために〜. 食品開発展2014

二宮真也 (2014). テクノスルガ・ラボの微生物試験 研究データの取得を強力にサポート!! (テクノスルガ・ラボの使い方). 第8回 細菌学若手コロッセウム ランチョンセミナー

下村謙悟 (2014). 微生物同定専用DNAデータベース「アポロン」と、微生物 (菌種) 情報調査受託サービスのご紹介. ifia JAPAN 2014

立里 臨喜友名朝彦 (2014). 微生物取扱法 基礎講座~分離・培養・同定~. 株式会社R&D支援センター主催セミナー.

喜友名朝彦二宮真也梅川奈央川口孝則 (2014). 私たちと身近な微生物. みんなでつなぐ元気が出るドリームサイエンス2014 in Shimizu

杉山純多 (2014). 書評「小川真 著 カビ・キノコが語る地球の歴史. 菌類・植物と生態系の進化(築地書館, 2013)」. 日本菌学会ニュースレター 16-17.

競争的資金

研究代表者: 小沼貴晶, 共同研究者: 高橋俊輔, 東條有伸, 高橋聡. 臍帯血移植における次世代シークエンスを用いた腸内細菌叢のメタゲノム解析と移植後合併症の関連. 財団法人ヤクルト・バイオサイエンス研究財団研究助成 (平成25年度)

原著論文 (英文誌)

Nishijima, M.Tazato, N.Handa, Y.Tomita, J., Kigawa, R., Sano, C. & Sugiyama, J. (2013).Gluconacetobacter tumulisoli sp. nov., Gluconacetobacter takamatsuzukensis sp. nov. and Gluconacetobacter aggeris sp. nov., isolated from Takamatsuzuka Tumulus samples before and during the dismantling work in 2007. Int J Syst Evol Microbiol 63, 3981–3988(link)

Ninomiya, S., Mikata, K., Kajimura, H. & Kawasaki, H. (2013). Two novel ascomycetous yeast species, Wickerhamomyces scolytoplatypi sp. nov. and Cyberlindnera xylebori sp. nov., isolated from ambrosia beetle galleries. Int J Syst Evol Microbiol 63, 2706–2711.(link)

Nishijima, M., Adachi, K., Katsuta, A., Shizuri, Y. & Yamasato, K. (2013). Endozoicomonas numazuensis sp. nov., a gammaproteobacterium isolated from marine sponges, and emended description of the genus Endozoicomonas Kurahashi and Yokota 2007. Int J Syst Evol Microbiol 63, 709–714.(link)

Kigawa, R., Sano, C., Nishijima, M.Tazato, N.Kiyuna, T., Hayakawa, N., Kawanobe, W., Udagawa, S., Tateishi, T. & Sugiyama, J. (2013). Investigation of acetic acid bacteria isolated from the Kitora tumulus in Japan and their involvement in the deterioration of the plaster of the mural paintings. Studies in Conservation 58, 30–40.(link)

Furuhata, K., Ishizaki, N., Handa, Y.Nishijima, M. & Fukuyama, M. (2013). Characteristics of an orange-pigmented bacterium isolated from a hot spring in Kagoshima, Japan. Biocontrol science 18, 105–109.(link)

紀要・その他

西島美由紀 (2013). 細菌の分類と同定 [3] 分類・同定に必要な性状試験. 日本防菌防黴学会誌 41, 45–51.(link)

杉山純多 (2013). 第23回南方熊楠賞 受賞記念講演“21世紀の「菌類生命の樹」構築に向けての道~微生物と出会って半世紀~”. 熊楠work 42, 3–18(link)

佐藤嘉則, 木川りか, 喜友名朝彦立里臨西島美由紀杉山純多 (2013). 非培養法によるキトラ古墳の細菌調査. 保存科学 52,1-10.(link)

木川りか, 喜友名朝彦立里臨, 佐藤嘉則, 杉山純多 (2013). キトラ古墳から分離された微生物の紫外線 (UV) 耐性試験結果について. 保存科学 52, 91–105.(link)

書籍(分担執筆)

西島美由紀 (2013). 遺伝子法の原理. 微生物の簡易迅速検査法. pp. 29–41. 五十君靜信, 江崎孝行, 高鳥浩介, 土戸哲明 監修. 東京: テクノシステム.(link)

西島美由紀 (2013). 資化法の原理. 微生物の簡易迅速検査法. pp. 43–47. 五十君靜信, 江崎孝行, 高鳥浩介, 土戸哲明 監修. 東京: テクノシステム.(link)

立里臨 (2013). 染色法の原理. 微生物の簡易迅速検査法. pp. 49–55. 五十君靜信, 江崎孝行, 高鳥浩介, 土戸哲明 監修. 東京: テクノシステム.(link)

杉山純多: 1.1 生物界における位置づけ, 1.2 菌類の起源, 1.3 菌類の化石. 菌類の事典. pp. 5–7, 7–10, 10–12. 日本菌学会 編. 東京: 朝倉書店(link)

学会発表

久田貴義, 栗木清典, 遠藤香, 合田敏尚 (2013). 大規模横断研究における血清CRP値に対するコーヒー摂取量と血清ビリルビン値の交互作用. 第67回 日本栄養・食糧学会大会

烏蘭参丹 (2013). 茶の残留農薬の実態について. 2013 残留農薬分析国際交流会シンポジウム

高橋俊輔富田順子西岡かおり久田貴義西島美由紀 (2013). 次世代シーケンサーによる細菌・アーキア(古細菌)一括解析のための原核生物ユニバーサルプライマーの構築. 第29回 日本微生物生態学会

富田順子高橋俊輔西岡かおり久田貴義西島美由紀 (2013). 次世代シーケンス解析における解析塩基長とデータベースが細菌相解析に及ぼす影響. 第65回 日本生物工学会大会

西島美由紀富田順子高橋俊輔, 丸山 正 (2013). 次世代シーケンサーを用いたクロイソカイメン常在微生物群集構造解析. 第15回マリンバイオテクノロジー学会大会

烏蘭参丹 (2013). 茶の残留農薬の実態について. 2013日中農薬残留分析交流会セミナー

杉山純多 (2013). 21世紀の「菌類生命の樹」構築に向けての道~微生物と出会って半世紀~. 第23回南方熊楠賞受賞記念講演

福永栄, 西島美由紀富田順子, 永関和元 (2013). 鉱物油系排水の生物処理における処理性能と微生物叢. 第50回 日本水処理生物学会大会

三成由美, 印南敏, 望月淳, 徳井教孝 (2013). 一般住民を対象に便秘関連状況とビフィズス菌低占有率に関する断面調査. 日本食物繊維学会 第 18 回学術集会

中田達矢, プリエトラファエル, 高瀬尚文, 川口章, 半田豊二宮真也, 關谷次郎 (2013). 米のとぎ汁発酵液によるトマトかいよう病菌の増殖抑制に関する研究. 日本生物高分子学会 2013 年度大会

木川りか, 喜友名朝彦立里臨, 佐藤嘉則, 杉山純多 (2013). キトラ古墳石室における微生物制御:石室から分離された微生物の紫外線 (UV) 耐性試験結果について. 文化財保存修復学会 第35回大会

教育・展示会・その他活動

Nagatsuka, Y. (2013). Rapid identification of Bacteria in species and strain level. NBRC 10th Anniversary ACM WORKSHOP“International Training Course on Application of Biotechnology Tools for Rapid Identification of Food-borne Pathogens”

喜友名朝彦 (2013). なぜ難しい? カビの同定 〜アスペルギルス、ペニシリウムを中心に〜. 食品開発展2013

半田豊 (2013). どう使う? 微生物の迅速同定技術~MALDI-TOF MSとDNA解析~. 食品開発展2013

下村謙悟 (2013). テクノスルガ・ラボの微生物試験 研究データの取得を強力にサポート!! (テクノスルガ・ラボの使い方). 第7回 細菌学若手コロッセウム ランチョンセミナー

喜友名朝彦二宮真也梅川奈央川口孝則 (2013). 微生物1000分の1ミリの世界. みんなでつなぐ元気が出るドリームサイエンス2013 in Shimizu

喜友名朝彦 (2013). 麹菌・酵母菌講座. 静岡県立藤枝北高等学校 講座

競争的資金

テクノスルガ・ラボ: 健康、食品評価に向けた腸内細菌調査のための採便容器の開発. 静岡県地域産業総合支援事業 (平成24年度)

テクノスルガ・ラボ静岡県立大学 (産学官共同研究事業): ヒト爪を用いた「かくれ糖尿病リスク者早期検出キット」に関する研究開発. 公益財団法人静岡県産業振興財団 (平成25年度)

受賞

日本菌学会 平塚賞 (2012 (平成25年度)) 受賞

対象論文: Kiyuna, T.An, K.-D., Kigawa, R., Sano, C., Miura, S. & Sugiyama, J. (2011). Molecular assessment of fungi in “black spots” that deface murals in the Takamatsuzuka and Kitora Tumuli in Japan: Acremonium sect. Gliomastix including Acremonium tumulicola sp. nov. and Acremonium felinumcomb. nov. Mycoscience 52, 1–17

第23回南方熊楠賞 (自然科学の部) 受賞: 杉山純多

原著論文 (英文誌)

Kiyuna, T.An, K.-D., Kigawa, R., Sano, C., Miura, S. & Sugiyama, J. (2012). Bristle-like fungal colonizers on the stone walls of the Kitora and Takamatsuzuka Tumuli are identified as Kendrickiella phycomyces. Mycoscience 53, 446–459(link)

Tazato, N.Nishijima, M.Handa, Y., Kigawa, R., Sano, C. & Sugiyama, J. (2012). Gluconacetobacter tumulicola sp. nov. and Gluconacetobacter asukensis sp. nov., isolated from the stone chamber interior of the Kitora Tumulus. Int J Syst Evol Microbiol 62, 2032–2038.(link)

Nakase, T., Jindamorakot, S., Am-In, S., Ninomiya, S. & Kawasaki, H. (2012). Wickerhamomyces tratensis sp. nov. and Candida namnaoensis sp. nov., two novel ascomycetous yeast species in the Wickerhamomyces clade found in Thailand. J Gen Appl Microbiol 58, 145–152.(link)

Nishida, H., Kondo, S., Matsumoto, T., Suzuki, Y., Yoshikawa, H., Taylor, T. D. & Sugiyama, J.(2012). Characteristics of nucleosomes and linker DNA regions on the genome of the basidiomycete Mixia osmundae revealed by mono-and dinucleosome mapping. Open biology 2, 120043.(link)

紀要・その他

木川りか, 佐野千絵, 喜友名朝彦, 立里臨, 杉山純多, 早川典子, 川野辺渉 (2012).

キトラ古墳から分離された細菌や酵母の修復用高分子材料に対する資化性試験. 保存科学 51, 157–166.(link)

木川りか, 佐藤嘉則, 喜友名朝彦立里臨杉山純多, 早川典子, 川野辺渉 (2012).

キトラ古墳の微生物調査報告 (2011).保存科学 51, 167–171.(link)

書籍(分担執筆)

杉山純多 (2012). Aspergillus属の分子系統分類学: 最近の進歩と展望. 改訂版 分子麹菌学. pp. 241–259. 北本勝ひこ 編著. 東京: 公益財団法人日本醸造協会.(link)

細矢 剛, 杉山純多 (2012). 6.1 菌類 (総論). 進化学事典. pp. 166–171. 日本進化学会 編. 東京: 共立出版.(link)

学会発表

Tomita, J.Takahashi, S.Hisada, T., & Nishijima, M. (2012). Bacterial community analysis of environmental samples using Ion torrent semiconductor sequencing system. 第28回 日本微生物生態学会

西島美由紀富田順子立里臨半田豊, 木川りか, 佐野千絵, 杉山純多 (2012). 高松塚・キトラ両古墳石室内外から分離された酢酸菌. 第36回 文化財の保存および修復に関する国際研究集会

Nishijima, M.Tomita, J.Tazato, N.Handa, Y., Kigawa, R., Sano, C. & Sugiyama, J. (2012). The Takamatsuzuka and Kitora Tumuli, Nara, Japan: Disturbance by bacteria and their identity. JSPS International Scientific Exchange. Joint Seminar between Japan and Hungary Chemical and Ecological Researches on The Microorganisms for Preserving Cultural Properties in Both Japan and Hungary.

瀧井幸男, 井上裕美, 永吉恵美, 立里臨大村聖子, 關谷次郎 (2012). 植物性乳酸菌 Lactobacillus sp. NCCB100334の分類学的特性とGABA 生産. 日本農芸化学会 関西支部大会 第476回講演会

前田利男, 山﨑元貴, 望月淳久田貴義 (2012). 脂肪肝およびインスリン抵抗性の発症に対する食物繊維の改善作用と腸管内細菌叢に及ぼす影響との関連性. USフォーラム2012

教育・展示会・その他活動

高橋俊輔 (2012). 微生物群集構造解析手法の紹介 ~DNA抽出方法の違いが微生物群集構造解析に及ぼす影響~. 第28回 日本微生物生態学会 ランチョンセミナー

梅川奈央 (2012). 食品開発・製造における菌株識別法の利用. 食品開発展2012

久田貴義 (2012). 食品の機能性評価に向けた腸内環境分析手法の提案. 食品開発展2012

望月淳 (2012). 微生物の多様性と食品利用、健康・機能性評価の可能性. 第5回「フードサイエンス~食の扉~」

下村謙悟 (2012). 腸内フローラ解析・迅速微生物同定試験. 関西バイオビジネスマッチング2012

下村謙悟 (2012). DNA解析による微生物迅速同定サービス (食の安全のために). ifia/HFE JAPAN 2012

喜友名朝彦二宮真也梅川奈央川口孝則 (2014). 私たちと身近な微生物. みんなでつなぐ元気が出るドリームサイエンス2014 in Shimizu

競争的資金

テクノスルガ・ラボ: 健康、食品評価に向けた腸内環境調査のための採便容器の開発財団法人静岡産業振興協会 産学共同研究委託事業 (平成24年度)

原著論文 (英文誌)

Kiyuna, T.An, K.-D., Kigawa, R., Sano, C., Miura, S. & Sugiyama, J. (2011). Molecular assessment of fungi in “black spots” that deface murals in the Takamatsuzuka and Kitora Tumuli in Japan: Acremoniumsect. Gliomastix including Acremonium tumulicola sp. nov. and Acremonium felinum comb. nov. Mycoscience 52, 1–17. (Selected as the cover of the January 2011 issue of Mycoscience)(link)

Nishida, H., Nagatsuka, Y. & Sugiyama, J. (2011). Draft genome sequencing of the enigmatic basidiomycete Mixia osmundaeJ Gen Appl Microbiol 57, 63–67.(link)

Nishida, H., Hamamoto, M. & Sugiyama, J. (2011). Draft genome sequencing of the enigmatic yeast Saitoella complicataJ Gen Appl Microbiol 57, 243–246.(link)

紀要・その他

安光得 (2011). 文化財の生物劣化に関わる菌類分子群集解析およびDNAバーコードの実用化. IFO Res Commun25, 55–67. (共同研究者: 喜友名朝彦富田順子, 佐野千絵, 木川りか, 岡田元)(平成20年度研究助成研究報告; 助成期間 平成20年4月~平成23年3月)(link)

Hasebe, T., Umeda, T., Danjo, K., Takahashi, I., Matsuzaka, M., Kudo, J., Semato, M., Saito, Y., Hisada, T. & Benno, Y. (2011). Effect of human gut microbiota on the methane production. 弘前医学 62, 7–17.(link)

藤井義久, 藤原裕子, 木川りか, 原島誠, 喜友名朝彦杉山純多, 早川典子, 川野邊渉 (2011). 厳島神社大鳥居の生物劣化調査. 保存科学  50, 157–171.(link)

藤井義久, 藤原裕子, 須田達, 鈴木佳之, 喜友名朝彦杉山純多, 小峰幸夫, 木川りか, 川野邊渉 (2011). 東本願寺阿弥陀堂の生物劣化調査. 保存科学 50, 173–183.(link)

木川りか, 佐野千絵, 喜友名朝彦立里臨杉山純多, 早川典子, 川野辺渉 (2011). キトラ古墳の微生物調査報告 (2010).保存科学 50, 191–195.(link)

書籍(分担執筆)

Sugiyama, J. & Hamamoto, M. (2011). Chapter 96. Saitoella S. Goto, Sugiyama, Hamamoto & Komagata (1987). In: “The Yeasts, A Taxonomic Study”, 5th Edition (ed. by C. P. Kurtzman. J. Fell and T. Boekhout), pp. 1313–1315, Elsevier, Amsterdam.

Nishida, H., Robert, V. & Sugiyama, J. (2011). Chapter 122. Mixia C. L. Kramer emend. H. Nishida, K. Ando, Y. Ando, Hirata & Sugiyama (1995). In: “The Yeasts, A Taxonomic Study”, 5th Edition (ed. by C. P. Kurtzman, J. W. Fell, and T. Boekhout), pp. 1499–1502, Elsevier, Amsterdam.

Sugiyama, J. & Suh, S.-O. (2011). Chapter 158. Sympodiomycopsis Sugiyama, Tokuoka & Komagata (1991). In: “The Yeasts, A Taxonomic Study”, 5th Edition (ed. by C. P. Kurtzman, J. W. Fell, and T. Boekhout), pp. 1995–1997, Elsevier, Amsterdam

学会発表

富田順子高橋俊輔久田貴義喜友名朝彦西島美由紀 (2011). 環境試料における菌類DGGE解析のための対象領域の比較検討. 第27回 日本微生物生態学会

高橋俊輔久田貴義富田順子西島美由紀 (2011). DNA抽出方法の違いが群集構造解析に及ぼす影響. 日本畜産学会 第114回大会

喜友名朝彦安光得, 木川りか, 佐野千絵, 杉山純多 (2011). キトラ古墳および高松塚古墳から分離された針状体菌類のアイデンティ, 炭酸カルシウム溶解能および生物劣化との関わり. 日本菌学会 第55回大会

木川りか, 佐野千絵, 喜友名朝彦立里臨杉山純多, 早川典子, 川野辺渉 (2011). キトラ古墳から分離された細菌や酵母の修復用高分子材料に対する資化性試験. 日本文化財科学会 第28回大会

山崎芽生, 芹澤委子, 増田竜也, 村上拓也, 田中実穂, 吉川悠子, 久田貴義富田順子, 増田英樹, 大橋典男 (2011). わさび漬けに存在する乳酸産生菌群の解析. 日本乳酸菌学会 2011年度大会

教育・展示会・その他活動

Takahashi, S.Tomita, J. & Naitou, H. (2011). Research of bacterial community structure from a Japanese horseradish field in Shizuoka. International Water Forum 2011

喜友名朝彦 (2011). カビを中心とした迅速同定と、安全性および生物学的情報の活用 Part 2. 食品開発展2011

久田貴義 (2011). T-RFLP法に続く腸内環境評価法の開発. 食品開発展2011

下村謙悟 (2011). 細菌・カビ同定専用DNAデータベースで微生物試験の精度アップ! 時間短縮! 効率化! フードセーフティジャパン2011

下村謙悟 (2011). 新しいスタンダード!細菌・カビ同定専用DNAデータベースで微生物試験の時間短縮と効率化を. BioPha Japan 2011

下村謙悟 (2011). 微生物同定試験および腸内環境分析について. ビジネスエキスポ2011

原著論文 (英文誌)

Nishijima, M., Lindsay, D. J., Hata, J.Nakamura, A., Kasai, H., Ise, Y., Fisher, C. R., Fujiwara, Y., Kawato, M. & Maruyama, T. (2010). Association of thioautotrophic bacteria with deep-sea sponges. Marine biotechnology 12, 253–260.(link)

紀要・その他

大村聖子 (2010). べにふうきのメチル化カテキン含有量実態調査と茶14成分一斉分析法. 茶業技術 53, 36–38.

木川りか, 佐野千絵, 高鳥浩介, 喜友名朝彦杉山純多, 安部倫子, 中右恵理子, 坪倉早智子,早川典子, 川野辺渉, 石崎武志 (2010). 高松塚古墳石室内・取合部および養生等で使用された樹脂等材料のかび抵抗性試験. 保存科学 49, 61–72.(link)

佐野千絵, 西島美由紀喜友名朝彦, 木川りか, 杉山純多 (2010). 高松塚古墳石室内より分離された主要な微生物のギ酸・酢酸生成能. 保存科学 49, 209–220.(link)

木川りか, 佐野千絵, 喜友名朝彦立里臨杉山純多, 高鳥浩介, 久米田裕子, 森井順之, 早川典子, 川野辺渉 (2010).キトラ古墳の微生物調査結果と微生物対策について (2009).保存科学 49, 253–264.(link)

木川りか, 杉山純多, 高鳥浩介, 佐野千絵, 石崎武志, 三浦定俊 (2010). 高松塚古墳壁画の保存対策 4. 高松塚古墳壁画の生物被害と保存対策. 地盤工学会誌 58, 629–636.

書籍(分担執筆)

杉山純多 (2010). 用語解説 (菌類界、AFTOL分類体系、ほか) ならびに編集協力「生物学辞典」.石川統, 黒岩常祥, 塩見正衛, 松本忠夫, 守隆夫, 八杉貞雄, 山本正幸 編. 東京: 東京化学同人

杉山純多 (2010). 11章 真核微生物の分類と系統, 12章 菌類 12-1 菌類とは, 12-7地衣類, 12.8.4ネコブカビ門, 12.8.5 変形菌門, 12.8.6 タマホコリカビ門, 12.8.7 クラシス菌門. IFO 微生物学概論 pp. 301–309, 311–321, 360–362, 365–366, 366–367, 367–368, 368.. 大嶋泰治, 荒井基夫, 駒形和男, 杉山純多, 中瀬崇, 本田武司, 宮道慎二 共編. 東京: 培風館

Sugiyama, J. & Suh, S.-O. (2011). Chapter 158. Sympodiomycopsis Sugiyama, Tokuoka & Komagata (1991). In: “The Yeasts, A Taxonomic Study”, 5th Edition (ed. by C. P. Kurtzman, J. W. Fell, and T. Boekhout), pp. 1995–1997, Elsevier, Amsterdam

学会発表

An, K.-D.Tomita, J.Kiyuna, T., Kigawa, R., Sano, C., Ohkuma, M. & Sugiyama, J. (2010). Fungal community analysis of the samples collected from the stone chamber and its neighboring environment of the Takamatsuzuka Tumulus. 2010 International Meeting of the Microbiological Society of Korea, Uljin-Gun,Gyeongsangbuk-Do,Korea.

An, K.-D.Tomita, J.Kiyuna, T., Kigawa, R., Sano, C., Ohkuma, M. & Sugiyama, J. (2010).Applications of DGGE and clone library to the fungal community analyses in Takamatsuzuka Tumulus in Nara, Japan. In: Delegate CD-Rom of the 9th International Mycological Congress (“The Biology of Fungi”), Edinburgh, UK, 1-6 August 2010, P3.28 (Edinburgh, UK).

Sugiyama, J.Kiyuna, T.An, K.-D.Nagatsuka, Y., Kigawa, R. & Sano, C. (2010). Mycobiota in the stone chamber interior and its neighboring environment of the Takamatsuzuka Tumulus in Nara, Japan: Insight into biodeterioration of mural paintings and plaster walls. In: Delegate CD-Rom of the 9th International Mycological Congress (“The Biology of Fungi”), Edinburgh, UK, 1-6 August 2010, P3.44 (Edinburgh, UK).

Tomita, J., Takahashi, S.Hisada, T. & Nishijima, M. (2010). Effect of practical preservation and RNA extraction methods of activated sludge samples on the analysis of active microbial community structure. 第26回 日本微生物生態学会

久田貴義 (2010). ターミナル(T)-RFLP法による腸内フローラ解析. 第13回 日本臨床腸内微生物学会

喜友名朝彦安光得, 木川りか, 佐野千絵, 三浦定俊, 杉山純多 (2010). 高松塚古墳石室内およびその周辺環境における菌類相と壁画の生物劣化との関わり. 日本菌学会 第54回大会

烏蘭参丹大村聖子福原美代子 (2010). 茶中の農薬残留に関する実態調査 (その2). 第33回 農薬残留分析研究会

杉山純多 (2010). 高松塚古墳壁画やキトラ古墳壁画に危害をもたらすカビとは?. 日本菌学会・日本防菌防黴学会合同シンポジウム「文化財の生物劣化を防ぐための菌類科学の挑戦」

鎌田正純, 望月淳, 矢澤一良 (2010). Moritella sp. HFHI014株のホスホリパーゼ遺伝子. 日本油化学会 第49回年会

野津量子, 久田貴義, 植野昌未, 望月淳, 高倉彰 (2010). T-RFLP法を用いたマウス腸内フローラモニタリングシステムの構築. 第57回 日本実験動物学会総会

佐野千絵, 西島美由紀喜友名朝彦, 木川りか, 杉山純多 (2010). 高松塚古墳石室内より分離された主要な微生物のギ酸・酢酸生成能. 日本文化財科学会 第27回大会

木川りか, 佐野千絵, 杉山純多, 高鳥浩介, 石崎武志 (2010). 高松塚古墳壁画の生物劣化原因調査結果概要について. 日本文化財科学会第27回大会

教育・展示会・その他活動

下村謙悟高橋俊輔 (2010). 微生物群集構造解析や新規微生物の登録はどうするの? 第26回 日本微生物生態学会 ランチョンセミナー

下村謙悟 (2010). カビを中心とした迅速同定と、安全性および生物学的情報の活用. 食品開発展2010

久田貴義 (2010). 腸内細菌と腸内代謝物からみた腸内環境評価法とその実用例. 食品開発展2010

望月淳 (2010). T-RFLP解析による宿主と腸内細菌叢、腸内環境検査. 食品・環境産業セミナー ~腸内細菌の解析と産業利用の展望~

立里臨喜友名朝彦 (2010). 臨床微生物迅速診断研究会 ホームページ「質問箱」回答者

競争的資金

研究代表者安光得, 共同研究者: 喜友名朝彦富田順子, 佐野千絵, 木川りか, 岡田元. 文化財の生物劣化にかかわる菌類分子群集解析およびDNAバーコードの実用化. 財団法人発酵研究所平成20年度研究助成 (助成期間: 平成20年4月~平成23年3月)

原著論文 (英文誌)

Nagatsuka, Y.Kiyuna, T., Kigawa, R., Sano, C., Miura, S. & Sugiyama, J. (2009). Candida tumulicolasp. nov. and Candida takamatsuzukensis sp. nov., novel yeast species assignable to the Candida membranifaciens clade, isolated from the stone chamber of the Takamatsu-zuka tumulus. Int J Syst Evol Microbiol 59, 186–194. (Selected as the cover of the January 2009 issue of Int J Syst Evol Microbiol)(link)

Nishijima, M., Takadera, T., Imamura, N., Kasai, H., An, K.-D., Adachi, K., Nagao, T., Sano, H. & Yamasato, K. (2009). Microbulbifer variabilis sp. nov. and Microbulbifer epialgicus sp. nov., isolated from Pacific marine algae, possess a rod–coccus cell cycle in association with the growth phase. Int J Syst Evol Microbiol 59, 1696–1707.(link)

An, K.-D.Kiyuna, T., Kigawa, R., Sano, C., Miura, S. & Sugiyama, J. (2009). The identity of Penicillium sp. 1, a major contaminant of the stone chambers in the Takamatsuzuka and Kitora Tumuli in Japan, is Penicillium paneumAntonie Van Leeuwenhoek 96, 579–592.(link)

Schoch, C. L., Sung, G.-H., López-Giráldez, F., Townsend, J. P., Miadlikowska, J., Hofstetter, V., Robbertse, B., Matheny, P. B., Kauff, F. & Wang, Z. (2009). The Ascomycota tree of life: a phylum-wide phylogeny clarifies the origin and evolution of fundamental reproductive and ecological traits. Syst Biol 58, 224–239.(link)

紀要・その他

木川りか, 佐野千絵, 間渕創, 喜友名朝彦立里臨西島美由紀杉山純多 (2009). キトラ古墳の微生物等の状況報告 (2008). 保存科学 48, 167–174.(link)

書籍(分担執筆)

杉山純多 (2009). 4. 5 菌類, a. カビ, b. キノコ, c. 酵母, f. 僞菌類. 植物の百科事典 pp. 282–285 , 286–287, 288–289, 289–290, 293–295. 石井龍一, 岩槻邦男, 竹中明夫, 土橋豊, 長谷部光泰, 矢原徹一, 和田正三 編. 東京: 朝倉書店(link)

Sugiyama, J.Kiyuna, T., An, K.-D., Nagatsuka, Y.Hanada, Y.Tazato, N.Hata-Tomita, J.Nishijima, M.Koide, T., Yaguchi, Y., Kigawa, R., Sano, C. & Miura, S. (2009). Microbiological survey of the stone chambers of Takamatsuzuka and Kitora tumuli, Nara Prefecture, Japan: a milestone in elucidating the cause of biodeterioration of mural paintings. In: International Symposium on the Conservation and Restoration of Cultural Property – Study of Environmental Conditions Surrounding Cultural Properties and Their Protective Measures- (Sano C (ed)), National Research Institute for Cultural Properties, Tokyo, Tokyo, 2009, 51-73.(link)

Kigawa, R., Sano, C., Ishizaki, T., Miura, S. & Sugiyama, J. (2009). Biological issues in the conservation of mural paintings of Takamatsuzuka and Kitora tumuli in Japan. In: International Symposium on the Conservation and Restoration of Cultural Property – Study of Environmental Conditions Surrounding Cultural Properties and Their Protective Measures- (Sano C (ed)), National Research Institute for Cultural Properties, Tokyo, Tokyo, 2009, 43–50.(link)

学会発表

富田順子高橋俊輔久田貴義西島美由紀 (2009). 生物群集構造解析のための実用的な環境試料保存方法の検討3. 第25回 日本微生物生態学会

安光得富田順子喜友名朝彦, 木川りか, 佐野千絵, 杉山純多 (2009). 高松塚古墳石室およびその周辺環境から採取された試料の菌類群集解析. 第25回 日本微生物生態学会

久田貴義富田順子藤島葵下村謙悟西島美由紀 (2009). 16S rDNAおよび16S rRNAを標的とした腸内細菌叢の比較. 第13回腸内細菌学会

立里臨半田豊西島美由紀, 木川りか, 佐野千絵, 杉山純多 (2009). キトラ古墳石室内より分離された酢酸菌2新種および二, 三の系統分類学的問題. 第29回 日本微生物系統分類研究会年次大会

西島美由紀, Lindsay, D. J., 畑順子中村葵, 笠井宏朗, 伊勢優史, Fisher, C.R., 藤原義弘, 河戸勝, 丸山正 (2009).深海のカイメンに共存する硫黄酸化細菌. 第12回 マリンバイオテクノロジー学会大会

Nishijima M., Lindsay, D. J., Hata, J.Nakamura, A., Kasai, H., Ise, Y., Fisher, C. R., Fujiwara, Y., Kawato, M., & Maruyama, M. (2009). Do deep-sea sponges associate with thioautotrophic bacteria? 4th International Symposium on Chemosynthesis-Based Ecosystems -Hydrothermal Vents, Seeps and Other Reducing Habitats

An, K.-D.Kiyuna, T., Kigawa R., Sano, C., Miura, S. & Sugiyama, J. (2009). The identity of Penicilliumsp. 1,a major contaminant of the stone chambers in the Takamatsuzuka and Kitora Tumuli in the village of Asuka, Nara, Japan, is Penicillium paneum. 2009 International Meeting of the Federation of Korean Microbiological Societies

木川りか, 佐野千絵, 高鳥浩介, 杉山純多, 川野邊渉, 石崎武志 (2009). 高松塚古墳で使用された樹脂等のかび抵抗性試験. 日本文化財科学会第26回大会

教育・展示会・その他活動

久田貴義 (2009). 健康増進に向けて、腸内環境をお調べいたします!食品開発展2009

下村謙悟 (2009). 遺伝子解析の利点と落とし穴. 食品開発展2009

立里臨喜友名朝彦永塚由佳 (2009). 臨床微生物迅速診断研究会 ホームページ「質問箱」回答者

競争的資金

研究代表者安光得共同研究者喜友名朝彦富田順子, 佐野千絵, 木川りか, 岡田元. 文化財の生物劣化にかかわる菌類分子群集解析およびDNAバーコードの実用化. 財団法人発酵研究所平成20年度研究助成 (助成期間: 平成20年4月~平成23年3月)

原著論文 (英文誌)

Nagatsuka, Y., Saito, S. & Sugiyama, J. (2008). Ogataea neopini sp. nov. and Ocorticis sp. nov., with the emendation of the ascomycete yeast genus Ogataea, and transfer of Pichia zsoltiiP. dorogensis, and P. trehaloabstinens to it. J Gen Appl Microbiol 54, 353–365.(link)

Kiyuna, T.An, K.-D., Kigawa, R., Sano, C., Miura, S. & Sugiyama, J. (2008). Mycobiota of the Takamatsuzuka and Kitora Tumuli in Japan, focusing on the molecular phylogenetic diversity of Fusariumand Trichoderma. Mycoscience 49, 298–311.(link)

Sugiyama, J. & Katumoto, K. (2008). Identity of the plasmodial slime mold Phytoceratiomyxa osmundaeand the lectotypification of Taphrina osmundae, the basionym of Mixia osmundaeMycoscience 49, 192–198.(link)

Sugiyama, J. & Katumoto, K. (2008). (1831) Proposal to conserve the name Mixia against Phytoceratiomyxa (Basidiomycota)Taxon 57, 991–992.(link)

紀要・その他

木川りか, 杉山純多, 高鳥浩介, 馬渕創, 佐野千絵, 三浦定俊 (2008). 高松塚古墳発掘・解体作業に伴う生物調査の概要について. 保存科学 47, 121–128.(link)

書籍(分担執筆)

永塚由佳 (2008). 微生物同定試験のポイントと解析手法. クレーム/トラブル製品の検査・分析と発生防止 ノウハウ集 pp. 316–346. 技術情報協会 編集. 東京: 技術情報協会(link)

西島美由紀 (2008). 食べ物と微生物~食べ物を作る微生物~. いいことおしえてあげる ~びせいぶつのひみつ~ pp. 33. 絵: 吉田奈央子, 文: 塚本久美子, 解説: 宮道慎二, 福井学, 和田実, 西島美由紀, 野中里佐, 近藤竜二, 監修: 日本微生物生態学会教育研究部会. 東京: リバネス出版(link)

学会発表

下村謙悟中村葵富田(畑)順子久田貴義西島美由紀 (2008). 生物群集構造解析のための実用的な環境試料保存方法の検討2. 第24回 日本微生物生態学会

安光得喜友名朝彦富田(畑)順子中村葵下村謙悟, 木川りか, 佐野千絵, 杉山純多(2008). 高松塚古墳石室および石室解体作業中に採取された試料における菌類群集解析. 第24回 日本微生物生態学会

西島美由紀富田順子中村葵下村謙悟立里臨半田豊喜友名朝彦, 木川りか, 佐野千絵, 三浦定俊, 杉山純多(2008). 高松塚古墳の石室解体中に採取された試料の細菌群集解析. 第24回 日本微生物生態学会

富田順子下村謙悟, 中村葵, 久田貴義西島美由紀 (2008). 生細菌群集構造解析のための環境試料由来RNA抽出方法の検討2. 第24回 日本微生物生態学会

安光得喜友名朝彦杉山純多 (2008). 菌類DNAバーコード化の背景と将来性. 平成20年度 日本菌学会関東支部年次大会

安光得喜友名朝彦, 木川りか, 佐野千絵, 三浦定俊, 杉山純多 (2008). 高松塚・キトラ古墳から分離した主要なPenicillium spp. の分子系統解析法の評価:菌類DNAバーコード化に向けて. 日本農芸化学会 2008年度大会

喜友名朝彦安光得, 木川りか, 佐野千絵, 三浦定俊, 杉山純多 (2008). 高松塚・キトラ両古墳石室内壁画面に発生した“黒いしみ”の正体. 日本菌学会 第52回大会

安光得 (2008). 菌類バーコード化の背景と将来性. 第18回 微生物資源ワークショップ

Sugiyama, J.Kiyuna, T.An, K.-D.Koide, T., Kigawa, R., Sano, C. and Miura, S. (2008).Microbiological survey of the stone chambers of Takamatsuzuka and Kitora tumuli: a milestone in elucidating the cause of biodeterioration of mural paintings. The 31st International Symposium on the Conservation and Restoration of Cultural Property – Study of Environmental Conditions Surrounding Cultural Properties and Their Protective Measures-. (杉山純多喜友名朝彦安光得小出知己・木川りか・佐野千絵・三浦定俊. 高松塚古墳・キトラ古墳石室の微生物調査:漆喰壁画の生物劣化にかかわる原因究明の一里塚. 第31回文化財の保存および修復に関する国際研究集会-文化財を取り巻く環境の調査と対策-)

烏蘭参丹大村聖子福原美代子 (2008). 茶中の農薬残留に関する実態調査, 第31回 農薬残留分析会

佐野千絵, 木川りか, 三浦定俊, 喜友名朝彦安光得杉山純多 (2008). 高松塚古墳・キトラ古墳壁画の生物劣化に係わる微生物について‐石室内菌類相の変化と主要な菌類の正体‐. 日本文化財科学会 第25回大会

教育・展示会・その他活動

久田貴義 (2008). 腸内細菌相による食品評価・疾病リスク評価. 食品開発展2008

鈴木修司 (2008). 『微生物同定セミナー』 -当社有料セミナーの一部を無料でご紹介します- 微生物同定用系統解析システムによる衛生管理. 食品開発展2008

喜友名朝彦杉山純多 (2008). 書棚, 「Aspergillus in the genomic era」. 日本微生物系統分類研究会ニュースレター Vol. 3, 7–8.

立里臨喜友名朝彦半田豊 (2008). 臨床微生物迅速診断研究会 ホームページ「質問箱」回答者

競争的資金

研究代表者安光得, 共同研究者: 喜友名朝彦富田順子, 佐野千絵, 木川りか, 岡田元. 文化財の生物劣化にかかわる菌類分子群集解析およびDNAバーコードの実用化. 財団法人発酵研究所平成20年度研究助成 (助成期間: 平成20年4月~平成23年3月)

原著論文 (英文誌)

Hisada, T., Okamura, K. & Hiraishi, A. (2007). Isolation and characterization of phototrophic purple nonsulfur bacteria from Chloroflexus and cyanobacterial mats in hot springs. Microbes Environ 22, 405–411.(link)

Okamura, K., Hisada, T. & Hiraishi, A. (2007). Characterization of thermotolerant purple nonsulfur bacteria isolated from hot-spring Chloroflexus mats and the reclassification of “Rhodopseudomonas cryptolactis” Stadtwald-Demchick et al. 1990 as Rhodoplanes cryptolactis nom. rev., comb. nov. J Gen Appl Microbiol 53, 357–361.(link)

Hibbett, D. S., Binder, M., Bischoff, J. F., Blackwell, M., Cannon, P. F., Eriksson, O. E., Huhndorf, S., James, T., Kirk, P. M. & Lücking, R. (2007). A higher-level phylogenetic classification of the Fungi. Mycological research 111, 509–547.(link)

総説

杉山純多 (2007). はじめに 日本微生物系統分類研究会の最近の活動と成果 -新しい時代に向けての助走―. 岡田早苗, 中瀬崇, 辨野義己, 渡邉信 編集「日本微生物系統分類研究会創立25周年記念誌: 日本の微生物系統分類学の動向[平成13年 (2001)~平成17年 (2005)]<その1>」,日本微生物系統分類研究会, 1–4.

安光得喜友名朝彦 (2007). 菌類 (酵母を除く). 岡田早苗, 中瀬崇, 辨野義己, 渡邉信 編集「日本微生物系統分類研究会創立25周年記念誌: 日本の微生物系統分類学の動向[平成13年 (2001)~平成17年 (2005)]<その1>」,日本微生物系統分類研究会, 10–24.

紀要・その他

木川りか, 佐野千絵立里臨喜友名朝彦小出知己杉山純多 (2007). キトラ古墳のバイオフィルムから分離されたバクテリア・菌類に対するケーソンCG相当品 (抗菌剤) の効果. 保存科学 46, 39–50.(link)

出川洋介, 廣岡裕吏, 星野保, 細矢剛, 稲葉重樹, 岩本晋, 勝本謙, 川上新一, 喜友名朝彦, 栗原祐子, 正木照久, 升屋勇人, 岡田元, 常盤俊之 (2007). 丹沢大山総合調査学術報告書 丹沢大山動植物目録. 461–472.

学会発表

中村葵畑順子久田貴義西島 美由紀 (2007). 生細菌群集構造解析のための土壌細菌RNA抽出方法の検討. 第23回 日本微生物生態学会

畑順子中村葵久田貴義西島美由紀 (2007). 生細菌群集構造解析のための実用的な環境試料保存方法. 第23回微生物生態学会大会

久田貴義 (2007). 腸内フローラデータベース化に向けた基礎研究. 日本フローラテック研究会 第1回学術集会

安光得永塚由佳喜友名朝彦杉山純多 (2007). 菌類DNAバーコード化: 最近の動向と展望. 第27回 日本微生物系統分類研究会年次大会

喜友名朝彦安光得, 木川りか, 佐野千絵, 三浦定俊, 杉山純多 (2007). キトラ古墳石室内壁面に発生した小型菌核形成担子菌系アナモルフ菌類の形態および分子系統. 日本菌学会 第51回大会

An, K.-D.Kiyuna, T., & Sugiyama, J. (2007). 2nd International Barcode of life conference: Fungal Barcoding Workshop. DNA barcoding especially lys2 gene for species identification in Aspergillus and Penicillium

岡村恵子, 久田貴義, 平石明 (2007). 水田土壌より分離した新規紅色非硫黄細菌の分類学的特性評価. 第27回 日本微生物系統分類研究会年次大会

岡村恵子, 久田貴義, 平石明 (2007). 光合成細菌Rhodopseudomonas属菌種の分類学的再評価. 第27回 日本微生物系統分類研究会年次大会

Yasumoto-Hirose, M., Nishijima, M., Ngirchechol, M. K., Kanoh, K., Shizuri, Y. & Miki, W. (2007).(2006) Isolation of Marine Bacteria by In Situ Culture on Media-Supplemented Polyurethane Foam. マリンバイオテクノロジー学会 学会賞 (論文賞) 受賞講演 マリンバイオテクノロジー学会 第10回大会

木川りか, 佐野千絵, 立里臨喜友名朝彦小出知己杉山純多 (2007). キトラ古墳のバイオフィルムから分離されたバクテリア・菌類に対するケーソンCG相当品 (抗菌剤) の効果. 文化財保存修復学会 第29回大会

Takata, K., Okamura, K., Hisada, T., & Hiraishi, A. (2007). Development of a DNA microarray method for detecting 16S-23S rDNA ITS regions for lactic acid bacteria. 第23回 日本微生物生態学会大会

教育・展示会・その他活動

杉山純多 (2007). 書棚, 「一島英治著、ものと人間の文化史、麹 (こうじ)」. 日本微生物系統分類研究会ニュースレター Vol. 2, No. 1, 4–5.

永塚由佳杉山純多 (2007). 書棚, 「酵母のすべて 系統,細胞から分子まで」. 日本微生物系統分類研究会ニュースレター Vol. 2, No. 2, 9–10.

杉山純多 (2007). 書棚, 「J. Webster and R. W. S. Weber, Introduction to Fungi, 4th Edition」. 日本微生物系統分類研究会ニュースレター Vol. 2, No. 2, 10.

安光得 (2007). 海外研究事情紹介, 菌類DNA バーコード化の動向 -2nd Workshop on DNA Barcoding of Fungi (17 Sep 2007, Taipei, Taiwan) に参加して-.日本微生物系統分類研究会ニュースレター Vol. 2, No. 2, 8–9.

安光得喜友名朝彦 (2007). 書棚, 「A phylogeny for kingdom Fungi – Deep Hypha issue」. 日本微生物系統分類研究会ニュースレター Vol. 2, No. 1, 5–6.

永塚由佳 (2007). 無駄にしていませんか?過去の微生物・衛生管理データ. 食品開発展2007

久田貴義 (2007). 腸内フローラ解析サービス -食品評価への展開-. 食品開発展2007

立里臨喜友名朝彦半田豊大村聖子 (2007). 臨床微生物迅速診断研究会 ホームページ「質問箱」回答者