「微生物試験と理化学分析」両者の経験と技術により、衛生管理から学術研究まで幅広く、トータルサポート致します。

お気軽にお問い合わせ下さい。

054-349-6211

tsl-contact@tecsrg.co.jp

Web カタログ

T-RFLPフローラ解析(腸内)

T-RFLP(Terminal Restriction Fragment Length Polymorphism) 解析は、末端蛍光標識したプライマーセットで鋳型DNA をPCR 増幅し、制限酵素による消化後、フラグメント解析する方法です。DNA 塩基配列の違いから制限酵素切断部位が異なることを利用し、検出ピークの強度、位置、数により評価・比較する断片多型性解析です。

 

使用するプライマーや制限酵素の種類によって、該当するDNA 断片の由来となる分類群は異なりますので、特定の分類群と照合する場合、前もってDNA 断片サイズの予測が必要です。

 

当社では腸内フローラを解析する方法として、公的機関などの支援を受けて独自に開発した『Ngagashima法※1,2を採用しています。特徴として、「解析“1run”のみで全体の菌叢を解析可能(1種類の制限酵素(BslⅠ)」、「簡便」、「培養の難易度に依存しない」、「属~目レベルで細菌の相対比を解析可能」、「凍結で保存した糞便サンプルでも解析可能」、「熟練したテクニックは不要」などが挙げられます。本法は、食物、薬品、ストレス、疾患などの様々な要因により変動する宿主の腸内細菌叢(腸内フローラ)を簡易的に比較するために開発された解析方法です。

腸内フローラ解析

ヒト以外にブタ、ニワトリ、イヌは制限酵素:BslⅠ、

ネコは制限酵素:TaqⅠで腸内に存在する細菌について、データベース化され、およそ属~目レベルで腸内細菌叢を推定し、その変化を視覚化・数値化することが可能です。

 

Nagashima法に関する詳細は、T-RFLPフローラ解析専用サイトを御覧ください。

制限酵素2 種類を用いた口腔内(唾液、舌苔、プラークなど)や皮膚、膣内フローラなどの解析が可能です。

腸内以外の生体試料

解析内容

項目

内容

T-RFLPフローラ解析

1.DNA抽出、精製

2.蛍光標識したプライマーでPCR増幅

3.制限酵素処理

4.フラグメント解析

5.結果のまとめ

報告書サンプル

必要検体量・送付方法

※1 計量および他分析項目を同時に行う場合には、必要量が変わりますのでお問い合わせ下さい。

 

採便キットおよび採便容器を開発・販売しています。

詳細は、採便容器・採便キットのページをご参照ください。

価格・納期

※1 当社採便キット/採便容器を購入使用し、解析を依頼して頂いた場合には、1検体あたり1,000円を値引きいたします。

  •  追加でリアルタイムPCR 解析を実施する可能性があり、便量を測定した上でDNA 抽出をご希望の場合、別途、便量測定追加費用として1 検体あたり1,000 円(税抜)が必要となります。(目安納期+2 営業日)
  •  腸管粘液や膣内粘液などの検体の場合、宿主の細胞由来の遺伝子が増幅される可能性があります。この場合、切り出し再PCR 費用として、1検体当たり3,000 円(税抜)の追加費用が生じます。(目安納期+3 営業日)
  •  糞便の混錬作業をご希望の場合、1 検体あたり2,000 円(税抜)以上の追加費用が生じます。(目安納期+5 営業日)

T-RFLPデータ解析では、既に当社にて解析して頂いたデータの中から該当データ、解析方法を選択して頂き再解析いたします。データ解析方法については、お気軽にご相談下さい。

 

【クラスター解析】

フラグメントパターンを数値化し、類似度による集落(クラスター)を作り、対象を分類する方法です。

 

【主成分分析】

多くの変数に重み(ウェイト)をつけて少数の合成変数を作る分析方法です。

 

【群間の比較】

マン・ホイットニーのU検定、対応のあるt検定から選択して群間比較を行います。

 

オプション

-解析例と報告形式-

※複数試験の解析データをまとめ、試験ごとに検体識別番号を色分けし、クラスター解析

※クラスター解析においてクラスタリングの方法を変更(ward 法、群平均法(UPGMA)からご選択可能です。)

※主成分分析(表示方法:二次元、三次元がご選択可能です。)

※2 群間の比較(マン・ホイットニーのU 検定、対応のあるt 検定からご選択可能です。)

  • 解析方法内容について仕様書を作成し、見積書と共に提案させていただきます。ご注文は仕様書を確認いただいたものとして進めさせていただきます。
  • 当社が発行する検体識別番号(SIID 番号)もしくは検体識別番号の末尾番号でご報告します。
  • 解析結果に関する考察は一切いたしません。ご報告する解析結果は、お客様ご自身で解釈・判断して下さい。

糞便検体の返送

糞便検体の返送をご希望のお客様には、定温マルチBOX による臨床検体輸送サービスを使用してお送りします。

項目

容器有効内寸

単位

価格(税抜)

糞便検体返送

(冷凍)

最大:500mm×500mm×450mm

1個

43,000 円~

ご依頼前の同意事項

  • 印刷物による納品も選択して頂けます。北海道、沖縄県、九州地方などでは輸送により納品日が変動いたします。
  • 制限酵素、PCR プライマーの種類により、購入、合成費として、別途追加費用が必要となることがあります。
  • 糞便検体の返送では、ご依頼から発送まで1 週間程度かかります。事前のご連絡および送付日の調整をお願いします。
  • 生体由来検体の返送をご希望のお客様には、定温マルチBOX による臨床検体輸送サービス 43,000 円(税抜)~ を使用してお送りします。
  • DNA抽出物でのご依頼は、PCR増幅を確認している検体に限らせて頂きます。
  • PCR産物でのご依頼は、原則としてお断りいたします。
  • 被験者に抗菌剤・化学物質などを投与されている場合には、検体中の菌数が少なくPCRできないことがあります。この場合には、それまでに行った作業内容を報告のうえ、作業の費用全額を請求いたします。

複数検体を一度にご依頼の場合は、

検体リスト(エクセルファイル)をダウンロードして御利用下さい。

株式会社テクノスルガ・ラボ

TEL:  054-349-6211

Email:  tsl-contact@tecsrg.co.jp

住所:  〒424-0065 静岡県静岡市清水区長崎330

個人情報保護方針

テクノスルガ・ラボ サービス基本約款

サイトポリシー