「微生物試験と理化学分析」両者の経験と技術により、衛生管理から学術研究まで幅広く、トータルサポート致します。

お気軽にお問い合わせ下さい。

054-349-6211

tsl-contact@tecsrg.co.jp

Web カタログ

採便キット・採便容器

腸内フローラを解析する場合、採取した糞便の細菌叢を長期間、安定的に維持する必要があります。そこで、当社は細菌叢を室温(1~30℃)で長期間、安定的に維持でき、簡便に取り扱える採便容器を開発しました。便潜血用に用いられている採便容器を改良し、固形便用に、「採便容器/ブラシ型」、および水様便に対応可能な「採便容器/スプーン型」の2つの形状をご用意しました。容器内部には、サンプル中のDNAを室温でも安定に保存できる液が入っています。

なお、リアルタイムPCR解析や糞便理化学分析を実施される場合には、保存液が入っている採便容器はご使用になれません。保存液が入っていない採便容器をご使用ください。

 

製品説明

採便キット(保存液あり)

キット内容 :採便容器(ブラシまたはスプーン) 1本

採便シート 1枚

採便方法の説明書 1枚

 

納  品  :1 キットごとにチャック付の袋に個別包装。

 

採便後の採便容器は、チャック付の袋に入れて保存することをお勧めします。

採便シート(バラ売り)

採便キットブラシ型(保存液あり)

ブラシ型

(保存液あり)

スプーン型

(保存液あり)

採便容器(保存液あり)

細菌叢を室温(1℃~30℃)で長期間、安定的に維持でき、簡便に取り扱えるキットです。

容器内部には、サンプル中のDNAを室温でも安定に保存できる溶液が入っています。

 

採便容器(保存液なし)

リアルタイムPCR解析や、糞便理化学分析など、保存液が入っている採便容器が適さない解析・分析の採便には、保存液が入っていないスプーン型の採便容器をご使用ください。採便後は、速やかに冷凍保存してください。

安全データシートは以下をご参照下さい。(1) (2) (3) (4)

採便後の採便容器の保存と期限

楽流カップ

「楽流カップ」は、便器内の⽔の上に直接置く従来の採便シートとは異なり、便を受ける部分がカップ状になっており、水様便も採取しやすくなっています。便座の中空に設置するため、排便後に便と水と混ざりません。

従来の採便シートに⽐べて採便しやすいだけではなく、もちろん⽔に流せます。

 

内  容 :楽流カップ 1セット 10枚

 

納  品  :1 セットごとにチャック付の袋に包装

取扱説明書のダウンロード

価格・納期

※1 各タイプを10 本単位、10 セット単位、10 枚単位でご注文いただけます。

※2 採便シートは、バラ売りです。採便容器のみをご注文のお客様で、採便シートが必要な方は、併せてご注文ください。

ご依頼前の同意事項

  • 採便容器(保存液あり)は、ご注文総数1~10セットまでは採便容器(保存液あり)の予備品1本が付きます。以降、10セットごとに1本の予備品が付きます。
  • 採便容器(保存液なし)は、予備品が付きません。
  • 本製品は、研究用試薬(キット)であり医療品や医療器具ではありません。ヒトへの医療、臨床診断にはご使用出来ません。
  • 本製品を用いた検査結果判定により発生する問題に関して、当社は一切の責任を負いません。
  • 当社の承認を得ずに、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止します。
  • 当社は、細菌叢維持のために採便容器中に入れている保存液について、特許出願中です。                特願2015-015037 「生物群集構造の維持、常温保存、輸送が可能な保存・輸送技術及びこの技術を用いた検体の採取・輸送・保管容器」
  • 本製品の再販および本製品を改変し再販することに起因する損失・損害等については、当社では一切の責任を負いません。

株式会社テクノスルガ・ラボ

TEL:  054-349-6211

Email:  tsl-contact@tecsrg.co.jp

住所:  〒424-0065 静岡県静岡市清水区長崎330

個人情報保護方針

テクノスルガ・ラボ サービス基本約款

サイトポリシー