「微生物試験と理化学分析」両者の経験と技術により、衛生管理から学術研究まで幅広く、トータルサポート致します。

お気軽にお問い合わせ下さい。

054-349-6211

tsl-contact@tecsrg.co.jp

Web カタログ

Rapid解析(迅速コース)

4営業日で、種レベルの正確な同定を!

医薬品や食品・飲料メーカーなどで衛生管理を担当され、特に迅速性を要求されるお客様にお勧めです。

DNA塩基配列解析には、当社が微生物の同定用に開発した微生物同定システム「ENKI」を使用します。相同性検索は、当社の微生物同定用データベースと国際塩基配列データベース (DDBJ/ENA(EMBL)/GenBank) に対して行い、最終的に分子系統解析の結果から帰属・近縁種の同定を行います。

報告書では、これらの結果と結論および近縁種のバイオセーフティレベル(BSL)などの情報をまとめます。

カビ形態 Rapidは、顕微鏡観察写真、結論および帰属分類群のバイオセーフティレベル(BSL)情報などをお届けします。

文献による「菌種情報調査サービス」をご希望のお客様は別途、ご相談下さい。

分析内容

カテゴリー

分析項目

説明

細菌・放線菌

16S-500 Rapid

16S rDNA の上流側約500bp

細菌・放線菌の簡易的な種レベルの同定に有効です。

日本薬局方の「遺伝子解析による微生物の迅速同定法」に準用

カビ

ITS-5.8S Rapid

ITS1+5.8S rDNA+ITS2

D1/D2 Rapid

28S rDNA のD1/D2領域

カビでは、ITS領域のデータベース化が進んでおり、帰属・近縁種の推定に有効です。種レベルの同定に有効な分類群も多数あります。

日本薬局方の「遺伝子解析による微生物の迅速同定法」に準用

(一部の分類群では、ITS領域よりもD1/D2領域のデータが充実しています。)

カビ形態 Rapid

コロニー形態、および細胞形態の特徴(菌糸、分生子など)を顕微鏡で観察します。識別可能なレベル(基本、属レベル)までの分類群の同定をします。

酵母

D1/D2 Rapid

28S rDNA のD1/D2領域

酵母の種レベルの同定には、D1/D2領域が有効です。

報告書サンプル

必要検体量・送付方法

検体受付の前営業日 午後5時までに依頼書をE-メールまたはFAXで送信下さい。

混釈培養物は、解析をご希望の単一コロニーをご指定下さい。

ご指定なき場合は、弊社にて培養確認(有償)を行わせていただきます。

培養確認にともなう日数は、御依頼の分析日数に含まれませんので、ご了承下さい。

一度にお受けできる検体数は、1依頼あたり8株までです。

価格・納期

ご希望の中間報告日、納品方法を選択して下さい。

※1 中間報告は、BLAST相同性検索の結果をE-メール、またはFAXで報告します。報告書の結論と異なる可能性があります。

ご依頼前の同意事項

・見積書・注文書の取り交わしを省略し、依頼書および検体の到着をもって注文とし、試験を開始します。

・検体受付の前営業日 17 時までに依頼書の到着がない場合、所定の日数での報告ができないことがあります。

・検体の微生物区分が判らない場合には、検体区分確認(別途、1,000 円(税抜~/株)を依頼して下さい。PCR 時に区分が変更になった場合には、PCR までの作業費を別途請求させて頂きます。

・純粋培養された検体に限ります。純粋性に不安がある場合、培養確認をお勧めします(1,000 円(税抜/株)。この場合、Rapid 解析は培養確認終了後からの適用となります。

・複数の帰属種の同定候補がある場合や新規分類群に該当する可能性がある場合など、帰属・近縁種の同定が困難なことがあります。

・カビ 形態Rapid は、分類群や培養品の状態によっては、帰属・近縁種の同定ができないことがあります。また衛生管理向けの迅速な解析であり、結果に添付する顕微鏡写真などは、学術研究報告向けを想定するものではありません。

・ ITS-5.8S rDNA Rapid、26S(28S) rDNA-D1/D2 Rapid では、形態観察を含まないため、テレオモルフ(有性時代)とアナモルフ(無性時代)の判別はできません。

・極度に菌体量が少ない検体やコロニーのサイズによっては、解析結果が得られないことがあります。

・「抽出、精製」、「PCR 増幅」、「シークエンス(両鎖)」にてそれぞれ良好な結果が得られず、塩基配列が決定できない場合は、条件を1回のみ変更して再解析します。再解析でもシークエンスが得られない場合は、作業内容と結果を報告のうえ、それまでに行った作業の費用全額を請求したします。特殊な調製方法やプロトコールが必要とされる検体は、事前にお問い合わせ下さい。

・「複数株の混在(コンタミネーション)」「死菌体で十分なの調製が不可能」などの検体、並びに、「ユニバーサルプライマーの不適合」「菌糸のみで形態的な特徴が見られない」などの生物学的な特性を起因とし、試験結果が得られなかった場合は、作業内容と結果を報告のうえ、それまでに行った作業の費用全額を請求したします。

・ PDF 報告書は、編集やコピーができない形式です。電子印鑑および電子署名により原本性を保証します。

・スラント、保存アンプル作製などの培養を含む追加試験・分析を行う場合、別途菌株の再送をお願いすることがあります。

・16S rDNA‐500 Rapid および、ITS-5.8S rDNA Rapid、26S (28S) rDNA-D1/D2 Rapid は、当社標準プロトコールに基づき、ダイレクトシークエンスにより塩基配列を決定します。

・試験・分析の結果、国立感染症研究所の「病原体等安全管理規定(第三版)」および日本国独自リストのバイオセーフティレベル(BSL)3 以上の可能性が高いと判断された場合には、連絡しての上、当社にて検体を処分させて頂きます。

複数検体を一度にご依頼の場合は、

検体リスト(エクセルファイル)をダウンロードして御利用下さい。

株式会社テクノスルガ・ラボ

TEL:  054-349-6211

Email:  tsl-contact@tecsrg.co.jp

住所:  〒424-0065 静岡県静岡市清水区長崎330

個人情報保護方針

テクノスルガ・ラボ サービス基本約款

サイトポリシー