「微生物試験と理化学分析」両者の経験と技術により、衛生管理から学術研究まで幅広く、トータルサポート致します。

お気軽にお問い合わせ下さい。

054-349-6211

tsl-contact@tecsrg.co.jp

Web カタログ

カビ生理・生化学的性状試験ーその他追加試験・分析

毒素産生能や生育性などの評価をする試験・分析です。以下の試験例の他にもご要望に応じて試験・分析をご提案します。また、特許庁 「特許・実用新案 審査基準 第Ⅶ部 特定技術分野の審査基準 第2 章 生物関連発明」の「分類学的性質の記載要領[付録1](http://www.jpo.go.jp/shiryou/kijun/kijun2/pdf/tjkijun_vii-2-furoku1.pdf)」に従った試験も可能ですのでご希望の方はお問い合わせください。

 

分析内容

 

アフラトキシン生合成遺伝子解析試験

Aspergillus oryzae はアフラトキシン生合成遺伝子が欠如していることにより、カビ毒であるアフラトキシンを産生しないことが報告されています。

当試験では、酒類総合研究所の試験方法に準用し、アフラトキシン生合成反応に必要な酵素をコードする遺伝子のうち7 つの遺伝子(aflT、nor-1、aflR、norA、avnA、verB、vbs)の欠如をPCRで確認します。

 

その結果に基づいて、酒

類総合研究所の保有するA. oryzae 菌株グループ(1~3)のどのグループに属するかを判別し、グループ1 の場合は、aflJ-aflRの遺伝子構造をA. oryzae と比較することで、検体のアフラトキシン生合成遺伝子の発現の有無を推定します。

※ A. oryzae 菌株グループのいずれにも属さない場合は、アフラトキシン生合成遺伝子の発現の有無を推定できません。

 

 

アフラトキシン産生能試験

Aspergillus flavus, A. parasiticus, A. nomius, A. pseudotamarii, A. bombycis などのカビが、カビ毒 アフラトキシンを産生することが知られています。アフラトキシン産生能は菌株により異なるほか、産生能を有する菌株でも培養条件によって産生量が異なることも知られています。

当試験では、4 種類の培地で2 週間培養後、その培地中のアフラトキシンB1, B2, G1, G2 の4 種類を分析し、アフラトキシンの産生の有無を判定します。

 

 

耐熱性試験

70~80℃以上の温度条件を用いて、菌株の耐熱性胞子の有無を判定する試験です。試験をご希望の際には、試験の条件をご相談下さい。また、加熱前/後の菌数測定を希望の場合は、耐熱性試験(定量)を選択して下さい。耐熱性試験を行う際には別途、胞子懸濁液作製が必要となります。また、胞子形成が認められない菌株の試験方法については、別途ご相談下さい。

 

 

至適生育条件確認試験

菌株の至適な生育条件を確認する試験です。温度、pH、塩分など任意の5段階の培養条件で行います。

 

 

有機酸分析

培養によるカビの代謝および資化による有機酸(クエン酸、酒石酸、リンゴ酸、コハク酸、乳酸、ギ酸、酢酸、フマル酸、プロピオン酸、iso-酪酸、n-酪酸、iso-吉草酸、n-吉草酸)の13 種類を定量する分析です。カビの代謝および有機酸の組成変化を把握できます。

前述以外の有機酸を希望される場合はお問い合わせください。

価格・納期

ご依頼前の同意事項

  • 印刷物による納品も選択して頂けます。北海道、沖縄県、九州地方などでは輸送により納品日が変動いたします。
  •  常用培地以外の培地や嫌気条件などをご指定の場合、追加費用が必要となります。
  • アフラトキシン生合成遺伝子解析試験はカビ DNA塩基配列解析やカビ同定試験(Standard、Premium)の追加試験として、ご依頼ください。
  • アフラトキシン生合成遺伝子解析試験は以下のアおよびイの特許を所有している独立行政法人酒類総合研究所から使用許諾を受けています。ア. 特許番号 第4756417号 イ. 特許番号 第5137096号

複数検体を一度にご依頼の場合は、

検体リスト(エクセルファイル)をダウンロードして御利用下さい。

株式会社テクノスルガ・ラボ

TEL:  054-349-6211

Email:  tsl-contact@tecsrg.co.jp

住所:  〒424-0065 静岡県静岡市清水区長崎330

個人情報保護方針

テクノスルガ・ラボ サービス基本約款

サイトポリシー