「微生物試験と理化学分析」両者の経験と技術により、衛生管理から学術研究まで幅広く、トータルサポート致します。

お気軽にお問い合わせ下さい。

054-349-6211

tsl-contact@tecsrg.co.jp

Web カタログ

腸内環境分析

  •          腸内環境分析ガイド

     

     

    「腸内環境と宿主の健康との関わり」を明らかにすべく、腸内細菌叢解析に加え、腸内代謝物、さらにIgA産生、胆汁酸分泌などの宿主側の応答を多面的に解析した研究が世界中で盛んに行われています。主な試験・分析サービスについて、プロバイオティクス、プレバイオティクスの機能を例にご紹介します。

    プロバイオティクスによる免疫賦活

    腸管には全末梢リンパ球の約70%に相当する免疫系細胞が存在しており、腸内細菌が宿主の消化管に定着することによって、免疫系が刺激・活性化されていると考えられています。

     

    小腸粘膜面での微生物に対する特徴的な応答に免疫グロブリンの一種であるIgA産生があり、プロバイオティクス乳酸菌 (Lactobacillus属、Bifidobacteium属など) によりIgA 産生の誘導が増強され、感染防御へとつながることが期待されています。

    プレバイオティクスによる整腸作用改善

    整腸作用とは、おなかの調子を整えることを意味します。

    身近に体感できることとして、便秘や下痢などの便通異常(水分量)を改善することにより、毎日規則正しく便通がある状態を保つことがあげられます。

     

    おなかの中のビフィズス菌 (Bifidobacteium属) などの有用菌を増やして、ウェルシュ菌 (Clostridium perfringens) などの悪玉菌を減らすことも整腸作用の一つです。

    多くのプレバイオティクスは、このように腸内フローラのバランスを改善することで、腸内の有機酸や短鎖脂肪酸を増加、pHを低下させ、悪玉菌がつくる発がん関連物質(二次胆汁酸など)、腐敗産物などの量を減少させると考えられています。

    その他のプロバイオティクス、プレバイオティクスによる様々な効果

    • 抗アレルギー作用
    • 血圧降下作用
    • 感染防御
    • Helicobacter pylori 感染抑制作用
    • 歯周病予防
    • 抗ガン作用

    など

    次世代シーケンス・アンプリコン解析

    T-RFLPフローラ解析

    リアルタイムPCR解析

分析に必要な検体量・検送付方法でお困りの場合はこちら

株式会社テクノスルガ・ラボ

TEL:  054-349-6211

Email:  tsl-contact@tecsrg.co.jp

住所:  〒424-0065 静岡県静岡市清水区長崎330

個人情報保護方針

テクノスルガ・ラボ サービス基本約款

サイトポリシー