「微生物試験と理化学分析」両者の経験と技術により、衛生管理から学術研究まで幅広く、トータルサポート致します。

お気軽にお問い合わせ下さい。

054-349-6211

tsl-contact@tecsrg.co.jp

Web カタログ

糞便理化学分析

「腸内環境と宿主の健康との関わり」を明らかにするためには、腸内の細菌叢と代謝物の関係を深く理解することが望まれます。

腸内細菌叢解析に加えて、腸内代謝物分析、さらにIgA産生や胆汁酸分泌などの宿主側の応答の評価といったを多面的な研究が世界中で盛んに行われています。

ヒト糞便の他に、マウス・ラット糞便、消化管内容物などの分析が可能です。

血液、血清、臓器組織などの臨床検体の分析は致しかねます。

 

分析内容

糞便中有機酸分析・短鎖脂肪酸分析

腸内において有機酸 (短鎖脂肪酸) は、腸管内を酸性に保ち、腸の蠕動運動や腸管からの水の分泌を促進するほか、感染防御、腐敗産物の生産抑制、便性・便通の改善効果を持つことが知られています。

有機酸は、腸内細菌による食物繊維や炭水化物の代謝物であり、タンパク質やペプチドの消化でも増加することが知られており、腸内細菌叢と共に評価することが望まれます。

酢酸、プロピオン酸、酪酸などの短鎖脂肪酸は、宿主の短鎖脂肪酸の受容体 (GPR41、GPR43など) を介して肥満や糖尿病に関連することが近年報告されています。

例えば、GPR41は主にプロピオン酸と酪酸により活性化され、交感神経系を介して、エネルギー恒常性の維持に関わることが報告されています。また、GPR43は酢酸とプロピオン酸によって活性化され、エネルギーの白色脂肪組織への取り込みを抑制し、脂肪の蓄積を抑えていると報告されています。

糞便中腐敗産物分析

腐敗産物は、糞便の悪臭の原因と言われ、腸内環境の悪化を示す指標として知られています。腸内細菌によりチロシンからフェノール類が作られ、トリプトファンからインドールやスカトールが作られます。

産出されたフェノール類の多くは血液を介して表皮形成過程に悪影響を及ぼすことから、肌荒れを起こす要因の一つに上げられています。

 

糞便中胆汁酸分析

胆汁酸はコレステロール代謝、脂溶性成分の消化吸収、界面活性による腸内細菌叢の変化に関与しています。腸内細菌により大腸がんの発がんプロモーターといわれている二次胆汁酸へと代謝されます。

糞便中アンモニア分析

肝不全、肝硬変、尿毒症などの肝臓に関わる疾患は、アンモニアを尿素に合成する肝臓の解毒機能を低下させるため、血液中にアンモニアが増加することが知られています。

 

食餌品に含まれるタンパク質や消化管への分泌液に含まれる尿素は、腸内細菌によって分解されてアンモニアに代謝されます。腸内環境を改善することで糞便中のアンモニア量を低減できたとの報告も多くあります。

 

糞便中pH測定

腸内のpHは、低いほど便の色は黄色っぽく、pH7.0(中性)を越えると茶色っぽく、pH8.0(弱アルカリ性)になると黒っぽくなります。赤ちゃんのpHは4.5~5.5(弱酸性)で黄色、健康な大人のpHは5.5~6.0で黄土色です。大腸菌 (E. coli)、ウェルシュ菌(Clostridium perfringens)などの悪玉菌は、アルカリ性の腸内環境を好んで発育し、pH6.0以下(弱酸性)になると発育しにくくなります。

 

糞便水分測定

糞便は、腸内貯留時間が長いと水分が腸管に吸収されて硬くなり、反対に腸内貯留時間が短いと水分が腸管に吸収されず、柔らかくなります。

水分が70%未満では排便時に苦痛を感じるようになり、80%以上になると軟便となり、90%を超えると水様便となります。水分は、pHと負の相関があります。

 

糞便中IgA 分析 (ヒト)

腸管には全末梢リンパ球の約70%に相当する免疫系細胞が存在しており、腸内細菌が宿主の消化管に定着することによって、免疫系が刺激・活性化されていると考えられています。

小腸粘膜面での微生物に対する特徴的な応答に免疫グロブリンの一種であるIgA産生があり、これはプロバイオティクス乳酸菌の摂取により亢進し、感染防御へとつながることが期待されています。ヒト以外の動物種のIgA分析については、お問い合わせ下さい。

 

糞便 凍結乾燥粉砕便作製

糞便理化学分析の前処理または保存のために、糞便の加熱または非加熱での凍結乾燥を行い、凍結乾燥便をステンレスビーズを使用して粉砕いたします。1検体につき生便湿重量1gの凍結乾燥・粉砕を行います。凍結乾燥便重量の保証は、水含量に依存するためいたしていません。生便湿重量1g以上の検体の凍結乾燥・粉砕をご希望の場合にはお問い合わせ下さい。

 

当社 分析メニュー御利用による論文成果の例

必要検体量・送付方法

理化学分析用の糞便検体は、気密性の高い容器(推奨:当社採便容器の保存液なし)に採取し、速やかに冷凍して下さい。解析までは融解させないよう注意して下さい。輸送時はドライアイスとともに発泡スチロールの容器に入れ、凍結状態を確保するとともに、漏洩にも注意して下さい。

有機酸、腐敗産物は、採便後直ちに冷凍保存することで、分析対象物質が1ヵ月間程度は安定であることを確認しています。

消化管内容物の場合、腸管は取り除き、内容物のみをお送り下さい。腸管ごとお送り頂いた場合、除去費用が発生することがあります。

容器/必要量/保存

容器: 気密性の高い容器、

当社採便容器(保存液なし)

保存: 採便後速やかに冷凍※2

輸送: 冷凍

 

項目 対象成分
報告内容
定量下限値 分析必要量
(ヒト/マウス/ラット)※1
分析機器、
または測定・分析方法
有機酸分析 酢酸、プロピオン酸、コハク酸、乳酸 0.05 mg/g 50~100 mg LC
(pH緩衝化ポストカラム電気伝導度検出法)
iso-酪酸、iso-吉草酸、n-酪酸、n-吉草酸、ギ酸 0.1 mg/g
短鎖脂肪酸分析 so-酪酸、iso-吉草酸、n-吉草酸、n-カプロン酸 0.3 μmol/g 50~100 mg GC-FID
プロピオン酸、n-酪酸 0.7 μmol/g
酢酸 2.0 μmol/g
胆汁酸分析 遊離胆汁酸:
イソデオキシコール酸、ウルソデオキシコール酸、ケノデオキシコール酸、コール酸 、デオキシコール酸、デヒドロコール酸、ヒオデオキシコール酸、リトコール酸、α, β, ωムリコール酸
0.02 ~ 0.3 μmol/g 50~100 mg LC-QTOF MS
抱合型胆汁酸:
タウロコール酸、タウロケノデオキシコール酸、タウロデオキシコール酸、タウロウルソデオキシコール酸、タウロβ-ムリコール酸、グリココール酸、グリコケノデオキシコール酸、グリコデオキシコール酸
腐敗産物分析 フェノール類(p-クレゾール、フェノール、4-エチルフェノール)、インドール、スカトール 0.5 μg/g 50~100 mg GC-MS
アンモニア分析 アンモニウムイオン
(アンモニア濃度に換算)
0.5 μg/g 50~100 mg イオンクロマトグラフィー
pH測定 pH - 50~100 mg pH計(ガラス電極法)
水分測定 水分 - 0.5~1 g 乾燥法
IgA分析 IgA 1 μg/g 50~100 mg ELISA法
凍結乾燥粉砕便作製 水分、乾燥便重量 - 0.5~1.5 g 凍結乾燥

※1 マウスのように採便できる糞便量に限りがある場合には、試料の損失を防ぐために、当社指定のチューブに採便し、糞便量を秤量し、凍結状態で当社までお送り頂ければ、全量をそのまま分析に使用いたします。

 

価格・納期

※1 加熱、非加熱の選択が可能ですが、安全性を考慮し加熱処理を基本といたします。非加熱処理の場合はお問い合わせ下さい。

※2 均一化のための糞便の混練作業です。別途、処分費が必要となることがあります。詳しくは当社までお問い合わせ下さい。

※3 同一検体を複数の容器で送付して頂き、それらをまとめて計量する場合には、混練を希望しない場合においても混練作業費が発生することがあります。

糞便検体の返送

糞便検体の返送をご希望のお客様には、定温マルチBOX による臨床検体輸送サービスを使用してお送りします。

項目

容器有効内寸

単位

価格(税抜)

糞便検体返送

(冷凍)

最大:500mm×500mm×450mm

1個

43,000 円~

ご依頼前の同意事項

  •  血液、血清、臓器組織などの臨床検体の分析は致しかねます。
  • 糞便理化学分析では、均一化のための糞便の混練作業費(2,000円~/検体)および処分費が必要となることがあります。詳しくは当社までお問い合わせください。
  • 糞便の凍結乾燥と粉砕については、お問い合わせ下さい。

複数検体を一度にご依頼の場合は、

検体リスト(エクセルファイル)をダウンロードして御利用下さい。

株式会社テクノスルガ・ラボ

TEL:  054-349-6211

Email:  tsl-contact@tecsrg.co.jp

住所:  〒424-0065 静岡県静岡市清水区長崎330

個人情報保護方針

テクノスルガ・ラボ サービス基本約款

サイトポリシー