「微生物試験と理化学分析」両者の経験と技術により、衛生管理から学術研究まで幅広く、トータルサポート致します。

お気軽にお問い合わせ下さい。

054-349-6211

tsl-contact@tecsrg.co.jp

Web カタログ

きのこ同定試験セット(DNA塩基配列解析、きのこStandard)

きのこの同定には、従来の子実体の形態的特徴に基づく手法に加えて、DNA塩基配列(ITS-

5.8S rDNA領域、および28S rDNA-D1/D2領域)を使った解析がよく用いられています。

分類群ごとに一方の遺伝子を重要視するなどによるデータ登録数の充実の程度が大きく異なり、分類群に適した領域を選択する必要があります。当社では、DNA塩基配列決定後、得られたDNA塩基配列を国際塩基配列データベース(DDBJ/ENA(EMBL)/GenBank)に参照し、帰属・近縁種の推定に必要な標準株や標本などのDNA塩基配列データを取得し、分子系統樹を作成します。

 

また、きのこの帰属・近縁種を同定する場合に、「DNA塩基配列解析」と「形態観察」を組合わせた試験セットとして、Standard試験があります。単独での試験よりも精度の高い同定が期待できます。

説明

分析内容

項目

きのこITS-5.8S rDNA

ITS1+5.8S rDNA+ITS2

きのこを含めた菌類では、ITS領域のデータベース化が進んでおり、帰属・近縁種の推定に有効です。種レベルの同定に有効な分類群が多数あります。

説明

きのこ28S rDNA-D1/D2

28S rDNAのD1/D2領域

きのこの幅広い分類群に対応が可能ですので、帰属・近縁種のおおまかな推定に有効です。

きのこStandard

「きのこITS-5.8S rDNA+分子系統解析、またはきのこ28S rDNA-D1/D2+分子系統解析」+「簡易形態観察」の試験セットです。

価格・納期

ご依頼前の同意事項

  • 多検体をご依頼いいただく場合の目安日数は、お問い合わせください。
  • 中間報告は、DNA塩基配列を用いた相同性検索の結果をE-mail、またはFAXで報告します。全試験終了後に報告書をお届けします。
  • DNA塩基配列のテキストデータ、およびシークエンス波形データは、報告時にお届けします。
  • きのこの子実体の状態によっては「DNA 抽出、精製」、「PCR 増幅」、「シークエンス(両鎖)」にてそれぞれ良好な結果が得られず、DNA 塩基配列が決定できない場合は、条件を1回のみ変更して再解析します。再解析でもシークエンスが得られない場合は、作業内容と結果をご報告のうえ、それまでに行った作業の費用全額をご請求します。特殊なプロトコールが必要とされる検体は、事前にお問い合わせください。
  • 簡易形態観察はお送りいただいた子実体の観察です。子実体の状態によっては同定する際の特徴的な形態が観察できない場合もあります。
  • DNA塩基配列解析は、当社標準プロトコールに基づき、ダイレクトシークエンスにより決定します。

複数検体を一度にご依頼の場合は、

検体リスト(エクセルファイル)をダウンロードして御利用下さい。

株式会社テクノスルガ・ラボ

TEL:  054-349-6211

Email:  tsl-contact@tecsrg.co.jp

住所:  〒424-0065 静岡県静岡市清水区長崎330

個人情報保護方針

テクノスルガ・ラボ サービス基本約款

サイトポリシー