「微生物試験と理化学分析」両者の経験と技術により、衛生管理から学術研究まで幅広く、トータルサポート致します。

お気軽にお問い合わせ下さい。

054-349-6211

tsl-contact@tecsrg.co.jp

Web カタログ

DNA-DNA ハイブリッド形成試験(DNAハイブリ試験)

DNA-DNAハイブリッド形成試験は、対照株と比較株のゲノムDNAの相対的な結合(ハイブリッド形成)の割合から、同種、別種の判断をする試験です。細菌および酵母の分類では、DNA相同値が70%以上であれば同種、70%未満であれば別種であるとされています。

分析項目

DNAハイブリッド形成試験,ハイブリ試験

価格・納期

必要検体量・送付方法

50mlチューブを使用した場合の湿菌体5グラムの目安量

ご依頼前の同意事項

  •  常用培地以外の培地や嫌気条件などをご指定の場合、追加費用が必要となります。
  •  本試験を行う場合、G+C含量値が必要です。
  •  対照とする試験比較株の購入費用(または、お客様自身での株の手配)が別途必要です。
  •  本試験は“マイクロプレート法”で行います。株Aと株Bのいずれからも標識DNAを調製し、株Aに対する株Bの相同値、株Bに対する株Aの相同値の両データより数値の整合性を確認し、これを繰り返し試験数n=3にて行った値、および平均値をもって試験結果とします。このため、特殊なDNA精製方法が必要となる株(主に多糖類産生菌)の場合、相同値の整合性が得られにくいこともありますが、本試験は、整合性を保証するものではありません。
  • 極めて精製度の高いゲノムDNAが大量に必要となります。。難培養細菌の場合、大量培養品をお送りいただくことをお願いすることがあります。詳しくは、当社までお問い合わせください。
  • 検体の分類群、安全性、培養方法などによっては、DNAハイブリ試験ができないこともあります。
  • 帰属種の異同の判断には、本試験だけでなく、実際には、形態観察、生理・生化学的性状試験、DNA塩基配列に基づく系統解析、化学的性状分析などの様々な試験・分析による結果を考慮した、総合的な判断が重要となります。

複数検体を一度にご依頼の場合は、

検体リスト(エクセルファイル)をダウンロードして御利用下さい。

株式会社テクノスルガ・ラボ

TEL:  054-349-6211

Email:  tsl-contact@tecsrg.co.jp

住所:  〒424-0065 静岡県静岡市清水区長崎330

個人情報保護方針

テクノスルガ・ラボ サービス基本約款

サイトポリシー