「微生物試験と理化学分析」両者の経験と技術により、衛生管理から学術研究まで幅広く、トータルサポート致します。

お気軽にお問い合わせ下さい。

054-349-6211

tsl-contact@tecsrg.co.jp

Web カタログ

化学的性状分析

分類学において、化学的性状は重要な分類学的特徴付けの1つです。当社が行っている微生物同定・分類のための化学的性状分析を行い報告致します。

分析項目

菌体脂肪酸組成分析(MIDIシステム)

菌体脂肪酸組成分析システム“Sherlock Microbial Identification System”(MIDI社製、ガスクロマトグラフィー)を使用した“MIDI法”により、構成脂肪酸の検出、および照合をします。MIDI法で行うため、MIDI法でデータベース化されていない脂肪酸の特定はできません。Alicyclobacillus 属などについてはお問い合わせください。

 

細胞壁アミノ酸組成分析

細胞壁に特徴的なアミノ酸(リジン、オルニチン、ジアミノピメリン酸など)を、液体クロマトグラフィーにより検出し、構成アミノ酸を決定します。前述以外のアミノ酸(ヒドロキシグルタミン酸など)を希望される場合は、お問い合わせください。

 

キノン分析

主なユビキノン(Q)、メナキノン(MK)の分子種およびプラストキノン-9を液体クロマトグラフィーにより同定します。複数種のキノンを保持する場合には、その存在割合を報告します。

MK-11, MK-12, MK-13, MK-14など(MK-n (n>11))のキノン分子種の同定を希望される場合は、お問い合わせください。

 

リン脂質分析

菌体に含まれる主なリン脂質(ホスファチジルエタノールアミン(PE)、ホスファチジルコリン(PC)など)を二次元薄層クロマトグラフィー(TLC)により検出します。検出されたリン脂質は標準物質と比較し、分子種を決定します。TLCの分離展開像と分子種を報告します。スフィンゴ脂質などの検出を希望される場合は、お問い合わせ下さい。

 

G+C含量測定

DNAは、二重らせん構造でアデニン(A)とチミン(T)、グアニン(G)とシトシン(C)が結合しています。これらのうち、GおよびCの含量を測定します。G+C含量は、帰属種により約25~75mol%の幅広い範囲に分布しているために分類学的に有効な指標とされています。液体クロマトグラフィーにより分析を行い、全塩基に対するGC対の割合を算出します。

価格・納期

必要検体量・送付方法

区 分 項 目 必要量 前処理・送付方法
培養物
(培養~)
菌体脂肪酸組成
細胞壁アミノ酸組成
キノン
リン脂質
G+C含量
平板培地 1 枚
または
斜面培地 1 本
純粋培養された平板培養物、または斜面培養物を,常温もしくは冷蔵(クール便)でお送りください。
輸送時の容器破損・寒天培地の凝水およびこれらを原因とする混在(コンタミネーション)について、当社は一切の責任を負いかねます。
集菌体
(抽出~)
菌体脂肪酸組成 目安湿重量:0.5g 以上
(100μl程度の菌体ペレット)
集菌後、生理食塩水による2~3,回程度の洗浄をお勧めしております。
また、寒天培地から集菌をされます場合には、寒天培地が含まれないように集菌してください。
寒天培地の持ち込みや菌体洗浄が不十分な場合、培地中の成分を検出してしまうことがありますので、ご注意ください。
集菌・洗浄後は凍結し、冷凍(クール便)にてお送りください。
キノン 目安湿重量:1g 以上 集菌後、生理食塩水による2~3 回程度の洗浄をお勧めしています。集菌・洗浄後は凍結し、冷凍(クール便)にてお送り下さい。
細胞壁アミノ酸組成
リン脂質
目安湿重量:3g 以上
G+C含量 目安湿重量:1g 以上 集菌後、5mM EDTA バッファによる2~3 回程度の洗浄をお勧めしています。
集菌・洗浄後は凍結し、冷凍(クール便)にてお送り下さい。
凍結乾燥品
(抽出~)
菌体脂肪酸組成 凍結乾燥品重量:0.3g 以上 集菌後、生理食塩水による2~3 回程度の洗浄をお勧めしています。集菌・洗浄後は凍結し、冷凍(クール便)にてお送り下さい。
キノン
リン脂質
凍結乾燥品重量:1g 以上
調整済み品
(分析~)
菌体脂肪酸組成
細胞壁アミノ酸組成
キノン
リン脂質
G+C含量
お問い合わせ下さい。

ご依頼前の同意事項

  • 印刷物による納品も選択して頂けます。北海道、沖縄県、九州地方などでは輸送により納品日が変動いたします。
  •  常用培地以外の培地や嫌気条件などをご指定の場合および追加費用が必要となります。
  • 集菌体でご依頼の場合には、抽出・分析の結果によっては、追加で菌体のご提供をお願いすることがあります。
  •  G+C含量以外の分析については、培地の種類、培養温度や好気・嫌気などの培養条件によって、組成が変化することが知られていますので、培養条件などのご要望がある場合、事前にお問い合わせください。
  • 菌体脂肪酸組成/近縁種の文献調査・考察の場合、DNA塩基配列解析などの結果に基づいた近縁種の情報をご提供ください。近縁種の文献を入手し主要な菌体脂肪酸組成を比較します。分類群によっては文献記載がなく、近縁種の菌体脂肪酸組成の情報が得られないことがあります。
  •  調製済みとは、分析に直接、供試できる検体を示します。調製が必要な場合、別途追加費用が必要となることがあります。
  • 細胞壁アミノ酸組成のヒドロキシグルタミン酸追加分析は、特にMicrobacterium 属などが対象となります。
  • キノン分析のキノン追加分析/MK-11~14は、特にMicrobacterium 属などが対象となります。
  • G+C含量の測定は、DNA調製1回、液体クロマトグラフィーにて3回繰り返し測定(n=3)を行った値、およびその平均値が分析結果となります。

大量培養された集菌体でご依頼のお客様へ

  • 純粋性に不安がある場合、分析を行う前にDNA塩基配列解析(シークエンスまでで可能)などの試験により、純粋性を確認されることをお勧めします。
  • 分析の途中で純粋性などに問題があると判明した場合は、作業内容と結果をご報告のうえ、それまで行った作業の費用全額をご請求します。

複数検体を一度にご依頼の場合は、

検体リスト(エクセルファイル)をダウンロードして御利用下さい。

株式会社テクノスルガ・ラボ

TEL:  054-349-6211

Email:  tsl-contact@tecsrg.co.jp

住所:  〒424-0065 静岡県静岡市清水区長崎330

個人情報保護方針

テクノスルガ・ラボ サービス基本約款

サイトポリシー