「微生物試験と理化学分析」両者の経験と技術により、衛生管理から学術研究まで幅広く、トータルサポート致します。

お気軽にお問い合わせ下さい。

054-349-6211

tsl-contact@tecsrg.co.jp

Web カタログ

抗菌性試験

細菌、カビ、酵母の抗生物質に対する感受性/耐性は、菌種および菌株により異なり、この特徴は菌種の同定によく使われます。 近年、多くの菌群の中で薬剤耐性菌の増加が確認されています。

臨床分野だけではなく、環境中にも抗生物質に対する耐性菌の存在、増加など、菌種の同定と同時に薬剤耐性の確認の需要も多くなりました。

また、植物など天然物由来成分などの抗菌物質に対する抗菌性を確認する要求も増えています。

これらの抗生物質に対する感受性/耐性の確認、抗菌物質に対する抗菌性の確認はペーパーディスク法(定性試験)、MIC 法(定量試験、平板希釈法および微量法)などの方法で確認することができます。

一般には抗生物質に対する感受性/耐性を確認する際には、特定の抗生物質を選択し試験を実施します。よく使用される微生物として、黄色ブドウ球菌や大腸菌、緑膿菌などがあります。

 

また、抗菌物質に対する抗菌性を確認する際には、特定の抗菌物質の提供と濃度設定および試験する微生物を選択し、試験を実施します。よく使用される微生物として、前記の抗生物質に対する感受性/耐性以外にも、胞子形成するグラム陽性菌(バチルスなど)および菌類(酵母、カビなど)が可能です。

 

 

説明

ペーパーディスク法(ハローテスト)

寒天培地に試験する微生物を全面に塗抹し、その上に抗生物質や抗菌物質を浸み込ませたペーパーディスクを載せます。

一定温度、時間で培養した後、ペーパーディスク周囲の微生物の発育阻止帯(ハロー)の大きさから、定性的に抗菌物質に対する感受性/耐性の確認、抗菌物質の抗菌効力を評価します。

 

MIC 法

各濃度の抗生物質や抗菌物質を加えた培地中に試験する微生物を接種し、微生物の発育を阻止する最小濃度(MIC)を調べます。

 

【平板希釈法】

抗菌物質を10段階あるいはそれ以上希釈し、各濃度含有の寒天培地を作製します。

これら培地に、試験菌株を植菌、培養を行い、試験菌株の抗菌物質に対する感受性により起こる、コロニーの大きさの差やその有無により抗菌性を確認します。

 

【微量液体希釈法】

対象の抗菌物質を液体培地で一定濃度まで希釈した、希釈溶液を作製します。

希釈溶液および別途作製した試験菌株の菌液を96ウェルプレートの各ウェルに分注、培養します。

培養後、各ウェルの濁度をプレートリーダーにて吸光度測定し、その結果から試験菌株の発育を阻止する抗菌物質の最小有効濃度を推定します。

 

報告形式

ペーパーディスク法では、平板培養物の抗菌性試験結果の写真、ハローの大きさを結果一覧として報告します。

抗菌性試験(ペーパーディスク法)

MIC法抗菌性試験(平板希釈法)

MIC法抗菌性試験(微量液体希釈法)

MIC 法では、抗菌性試験の結果例として写真を数点と、MIC 値を報告します。

薬剤濃度:低

薬剤濃度:中

薬剤濃度:高

価格・納期

ご依頼前の同意事項

  • 印刷物による納品も選択して頂けます。北海道、沖縄県、九州地方などでは輸送により納品日が変動いたします。
  • 常用培地以外の培地や嫌気条件などをご指定の場合、追加費用が必要となります。
  • 当社で対照株を購入する場合、別途追加費用が必要となります。。
  • 当社で調達できない薬剤につきましては、お客様にて準備ください。

複数検体を一度にご依頼の場合は、

検体リスト(エクセルファイル)をダウンロードして御利用下さい。

株式会社テクノスルガ・ラボ

TEL:  054-349-6211

Email:  tsl-contact@tecsrg.co.jp

住所:  〒424-0065 静岡県静岡市清水区長崎330

個人情報保護方針

テクノスルガ・ラボ サービス基本約款

サイトポリシー