腸内細菌叢(腸内フローラ)

腸内細菌叢(腸内フローラ)は、腸内代謝に関係し、食習慣、年齢、ストレス、疾病、服薬などにより変化します。


腸内細菌叢は、宿主の健康状態にも影響を及ぼすといわれています。


糞便の約3分の1は腸内に生息する微生物の塊。
糞便の細菌叢を解析することで、健康状態を知るバロメーターの1つとなると考えられます。


株式会社テクノスルガ・ラボのT-RLFPフローラ解析(Nagashima法)は、多種多様で複雑な腸内細菌叢を簡易的に調査するために開発された解析方法です。


弊社では、腸内フローラ以外に口腔内、皮膚、膣内の細菌叢の解析が可能です。

また、腸内フローラのDNA断片予測データベースとして、ヒト、ブタ、ニワトリ、イヌ、をご用意しております。