検体量と送付に関するご案内(群集構造-生体関連)

目次

生体関連試験

糞便などの受け入れ状態・条件 必要量

試験項目必要量送付方法
DNA抽出糞便、腸管内容物、ルーメン液
0.2~0.5 g
気密性の高い容器の場合 採取後速やかに冷凍保存、冷凍輸送
-----------------------------------------------
当社採便容器 (保存液あり)の場合 速やかに冷蔵保存、冷蔵輸送
※リアルタイムPCR解析には使用できません。
※保存液ありの採取容器は冷凍しないでください。
アンプリコンシーケンス解析
リアルタイムPCR解析 (定量)
特異プライマーPCR解析 (定性)
T-RFLPフローラ解析(MN法)
糞便理化学分析ヒト糞便 200 mg
マウス、ラット糞便 100mg
※マウス、ラット糞便のIgA分析はお問い合わせください
気密性の高い容器の場合 採取後速やかに冷凍保存、冷凍輸送
水分測定動物種に関わらず 0.5~1g
凍結乾燥粉砕便作製ヒト糞便 1.0 ~ 1.5 g

口腔内容物などの受け入れ状態・条件 必要量

試験項目必要量送付方法
DNA抽出唾液、プラーク、舌苔、口腔粘膜
0.2~1mL
気密性の高い容器の場合 採取後速やかに冷凍保存、冷凍輸送
-----------------------------------------------
スワブ、1.5 mLチューブなど綿棒やコットンなどで広範囲を拭き取った検体は、極少量の適切な溶液(PBS、生理食塩水、滅菌水など)に移し、速やかに冷蔵保存、冷蔵輸送
アンプリコンシーケンス解析
リアルタイムPCR解析 (定量)
特異プライマーPCR解析 (定性)
T-RFLPフローラ解析(MN法)
唾液中sIgA分析唾液 0.5~1.0 mL気密性の高い容器で採取後速やかに冷凍保存、冷凍輸送

※ 皮膚拭取物、膣内拭取物などをお送りいただく場合はご相談ください。
※ ご用意いただける検体量に限りのある場合は、ご相談下さい。

DNA抽出物の受け入れ状態・条件 必要量

試験項目必要量送付方法
アンプリコンシーケンス解析濃度 5 ng/µL、総量 30 µL以上
(1プライマー追加ごとに+15 µL以上)
抽出後速やかに気密性の高い容器に冷蔵保存、冷蔵輸送
リアルタイムPCR解析 (定量)濃度:10 ng/µL、容量:30 µL (1プライマー追加ごとに+15 µL以上)
特異プライマーPCR解析 (定性)

※ ご用意いただける検体量に限りのある場合は、ご相談下さい。

梱包について

・ 輸送中に発生した検体の破損については、当社では責任を負いかねますので、ご了承下さい。
・ 破損、漏洩を防ぐため、発泡スチロール製の容器に入れ、緩衝材で保護することをおすすめします。
・ 冷蔵の場合には保冷剤、冷凍の場合にはドライアイスと共に梱包して下さい。
・ ダンボールや紙箱などでお送りいただく場合には 2 重梱包や緩衝材を利用するなど、破損、漏洩をご考慮下さい。

検体の処分および返送について