検体送付と追加費用のご案内

追加費用一覧

微生物同定試験では、培養条件や検体の状態によって、以下の追加費用が必要となります。
お客様からの指示による追加作業のほか、当社の技術的判断によりお見積りにてご提案させて頂きます。

項目 単位 価格 説明
微生物の区分確認※1 検体 報告書あり:
3,000円
検体(培養物)の微生物区分が細菌、放線菌、カビ、酵母のいずれに該当するか不明なものとしてご依頼いただき、顕微鏡観察による区分確認を行った場合
報告書なし:
1,000円
単離・培養 検体 5,000円 単離・培養が必要と判断した場合
検体 10,000円 複数菌種が混在し、繰返し純化作業が必要と判断した場合
検体 17,000円~ 微生物分離レベルの純化作業が必要と判断した場合

指定培地※2,3,4,5
(常用培地以外の培地)

※6 5,000円 常用培地:
普通寒天培地(Nutrient Agar), 標準寒天培地, LB, SCD, MRS, SCDLP, GAM, ISP2, MB2216, R2A, PD, MA, CMA, YM, MY20, M40Y
嫌気培養※3,5 4,000円 市販の嫌気培養パックなどで培養可能な場合
微好気培養※3,5 4,000円 市販の微好気培養パックなどで培養可能な場合
その他培養 検体 お問い合わせ下さい 微好気、光照射、要ガス置換、高温培養など
一時保管費用 検体 1,000円 2週間以上の保管(1ヵ月ごとに更新)

※1 微生物の区分確認を不要でご依頼いただいた試験において、微生物区分の変更が生じた場合は、それまでの作業費をご負担頂きます。(例 PCR増幅で判明の場合¥6,000-となります。)
※2 常用培地に基質成分の添加、pH調整などの培地調製の追加作業が必要な場合、指定培地扱いとなります。
※3 複数の試験をご依頼の場合、試験項目ごとに負担していただくものではありません。
※4 指定培地で微量金属溶液やビタミン溶液添加など、合成培地の調製を必要とする場合、調製方法に応じて追加費用が必要となります。
※5 指定培地や微好気・嫌気培養をご指定される場合、本カタログ記載の納期、目安日数より多くの試験日数を必要とすることがあります。
※6 1回のご依頼にて、「複数株」「同じ培地」を指定したいただいた場合、5株まで(分離培養などの場合は5検体まで)は、検体数に関わらず、一式分の価格となります。

必要検体量・送付方法

項目 必要量※1 送付方法  
MALDI微生物同定試験 平板培養物 1枚 推奨培養時間で純粋培養された平板培養物を常温でお送り下さい
(解析対象とするコロニーの指定がある場合は、シャーレ上に目印をして下さい。)
Rapid解析 平板培養物 1枚 純粋培養された平板培養物を常温もしくは冷蔵(クール便)でお送り下さい
(解析対象とするコロニーの指定がある場合は、シャーレ上に目印をして下さい。)
DNA塩基配列解析
同定試験セット
形態観察
生理・生化学性状試験
抗菌性試験
化学的性状分析
保存アンプル作製
グリセロールストック作製
または
斜面培養物 1本
平板培養物 1枚  純粋培養された平板培養物
または
斜面培養物を常温もしくは冷蔵(クール便)でお送り下さい。