DNA-DNAハイブリッド形成試験

特長

概要

DNA-DNAハイブリッド形成試験は、主に対照株が新種であるか否かを判定する目的で行われる試験であり、対照株と比較株のゲノムDNAの相対的な交雑 (ハイブリッド形成) の割合から、同種、別種 (新種) の判断を行う試験です。細菌および酵母の分類では、DNA相同値が70%以上であれば同種、70%未満であれば別種 (新種) とされます。

試験は、「マイクロプレート法」で行います。測定は各組み合わせの表・裏で実施し、3回繰り返した際の平均値で報告いたします。
本試験では、ハイブリッドを形成させる際の温度条件を決定するため、別途G+C含量値が必要です。

受入可能な検体

区分必要検体量備考
培養物1枚当社で培養を行います。培養条件をご指示下さい。 生育性や純粋性に疑義がある場合には、連絡いたします。
液体培養物1本
スラント
(斜面培養物)
アンプル
グリセロールストック
集菌体目安湿重量
2 g以上
集菌後、5 mM EDTAバッファで2~3回程度洗浄し、遠心・集菌後は凍結して冷凍(クール便) でお送り下さい。

・ 集菌体でご依頼の場合、抽出・分析の結果により、菌体の追加培養をお願いすることがあります。

解析の流れ

報告書サンプル

SAMPLE_DNA-DNA_haiburiddo_keisei_shiken_houkokushoのサムネイル

価格・納期

仕様に応じて見積りいたします。
試験項目単位単価(税込)目安納期
DNA-DNA ハイブリッド形成試験
/培養あり
1:1 のDNA ハイブリ試験の場合
488,400円
6週間~
1:2のDNAハイブリ試験の場合
695,200円
3 株総当たりのDNA ハイブリ試験の場合
768,900円
DNA-DNA ハイブリッド形成試験
/培養なし
1:1 のDNA ハイブリ試験の場合
206,800円
5週間~
1:2のDNAハイブリ試験の場合
283,800円
3 株総当たりのDNA ハイブリ試験の場合
349,800円

ご依頼前の同意事項

ご依頼前の同意事項(共通) およびテクノスルガ・ラボ基本約款 を確認してお申込み下さい。

  • 当社で対照株を購入する場合、別途追加費用が必要となります
  • 本試験を実施する場合には、検体の系統学的な解析が終了し近縁種の絞り込みができている必要があります。
  • ご依頼前の同意事項 (共通) を必ずご確認下さい。

ご依頼、依頼書の入手

ご依頼は、以下のファイルよりお申し込み下さい。

利用規約

分析ごとの同意事項、ご依頼前の同意事項(共通)
およびテクノスルガ・ラボ基本約款 を確認しました。