検体区分と追加費用のご案内

検体区分

生体由来検体  環境検体
A区分 B区分
糞便、腸管内容物 A区分以外
(口腔内容物 (唾液、プラーク)、皮膚表面採取物など)
活性汚泥、土壌、堆肥、環境水
(海水、地下水)

必要検体量・送付方法

検体の種類 必要量 留意点および送付方法
環境検体  活性汚泥 5~10mL 採取後速やかに冷蔵保存、冷蔵輸送
 土壌
堆肥
コンポスト
1~5g
 環境水
(海水、地下水など)
100mL~1L
 培養液 5~10mL
生体由来検体 A区分 糞便
腸管内容物
採便容器(保存液なし)
もしくは
気密性の高い容器
0.2~0.5g 採取後速やかに冷凍保存、冷凍輸送
採便容器(保存液あり)   採取後速やかに冷蔵保存、冷蔵輸送推奨、常温輸送可
B区分  A区分以外
口腔内容物
唾液
プラーク

皮膚表面採取物など
1.5mLチューブなど 0.2~1mL(唾液) 綿棒やコットンなどで広範囲を拭き取った検体は、極少量の適切な溶液(PBS、生理食塩水、滅菌水など)に移し、速やかに冷蔵保存、冷蔵輸送
DNA抽出物 濃度:10ng/µL
総量:20µL以上
採取後速やかに冷蔵保存、冷蔵輸送

血液、臓器、細胞組織の受け入れはお断りいたします。

キノン分析必要検体量・送付方法

検体の種類 必要量 送付方法
培養液 50mL程度 常温にて、検体の保管、輸送を行いますと、サンプルの劣化や微生物相が変化することが考えられますので、低温(クール便)でお送り下さい。
また、到着予定日を平日とし、依頼書などで事前に到着日をお知らせ下さい。
地下水など ご相談下さい
活性汚泥 50mL程度
土壌など 10g程度

・ 冷凍で保存されている検体については、冷凍でお送り下さい。途中、解凍しないで下さい。
・ 腸管内容物は、腸管を除去した検体のみ受け入れ可能です。
・ 糞便のリアルタイムPCR 解析、糞便理化学分析をご依頼の場合は、必ず凍結糞便をお送り下さい。採便容器(保存液あり)に採取された検体は試験できません。

糞便検体の返送

項   目 容器有効内寸 単位 価格
糞便検体返送(冷凍) 最大:500 mm×500 mm×450 mm 1個 43,000円~