キノンプロファイル解析

説明

キノンは呼吸鎖における電子伝達物質で、真核生物ではミトコンドリア内膜にユビキノンが、真性細菌では主に細胞膜にユビキノンまたはメナキノンが存在します。
このユビキノン・メナキノンが目~属レベルで分類群を推定する指標として有効であることを利用し、複数の微生物種が混在しているサンプルでも、全キノン量に対する各キノン分子種の存在割合より、存在している微生物の高次分類群の推定が可能です。推定可能な分類群が高次分類群に留まりますが、キノン量と微生物バイオマスに正の相関があることから、微生物量の指標として利用することが可能です。

解析内容

内容
1. キノン抽出
2. 分析(液体クロマトグラフィー)
3. 解析
4. 結果のまとめ

報告内容

ユビキノンとメナキノンの他に光合成微生物が持つプラストキノンを液体クロマトグラフィーにより定量いたします。

必要検体量・送付方法、検体の返送

検体区分と検体送付のご案内」をご参照下さい。

価格・納期

項目 検体数 単位 単価 目安納期
キノンプロファイル解析 1 検体 63,000円 20営業日~
2 検体  42,000円 
3 検体  35,000円
オプション クラスター解析
(3検体以上で解析可能)
1 11,000円 4営業日
クロマトグラム追加 1 検体 6,000円

依頼書の入手と同意事項の確認

ご依頼前の同意事項、ご依頼前の同意事項(共通) およびテクノスルガ・ラボ基本約款 を確認してお申込み下さい。

・ ご依頼前の同意事項(共通)を必ずご確認下さい。

分析のご依頼は、以下のファイルをダウンロード頂きお申し込み下さい。