糞便・腸内容物からのDNA 精製方法変更のご案内

当社では、DNA 抽出のご依頼の増加に対応するためフェノール法を基にした精製を最大192 検体連続処理可能なDNA 自動分離装置GENE PREP STAR PI-480 (倉敷紡績株式会社, 以下PI と略) を導入いたしました。

このPI による精製DNA は、既存の自動核酸精製装置 magLEAD (プレシジョン・システム・サイエンス株式会社, 以下PSS) と比較し、純度が高く、長期保存性が良いことから、糞便・腸内容物からのDNA精製についてPI による方法を推奨させていただきます。そのため、2019年1月ご依頼分より、PIを用いたDNA 精製方法へ変更させていただきます。

過去にPSS を用いた精製方法による、試験・分析をご利用いただいたお客様におかれましては、引き続き、ご依頼時に同様の方法をご選択いただく事が可能です。依頼書にて、PI またはPSS のいずれかをご選択ください。

該当する分析メニュー
次世代シーケンスアンプリコン解析
T-RFLPフローラ解析
DNA抽出