検体量と送付に関するご案内(群集構造-環境関連)

環境関連試験

受け入れ状態・条件 必要量と該当する試験

検体必要量送付方法
食品10 g または100 mL 食品の保存温度で保存、輸送
活性汚泥5 ~ 10 mL
土壌
堆肥
コンポスト
1 ~ 5 g 採取後速やかに冷蔵保存、冷蔵輸送
【環境水】
水道水、濁りの少ない河川水など
100 ~ 1000 mL
【環境水】
工業廃水、下水など
50 ~ 500 mL
培養液5 ~ 10 mL

※ 外洋海水、深海堆積物など、生物量が少ないと考えられる試料についてはお問い合わせ下さい。

検体必要量送付方法
DNA 抽出物濃度 5 ng/μL 総量 30 μL 以上
(1 プライマー追加ごとに+ 15 μL 以上)
抽出後速やかに冷蔵保存、冷蔵輸送
検体必要量送付方法
培養液50 mL 程度 常温にて、検体の保管、輸送を行いますと、サンプルの劣化や菌叢が変 化することが考えられますので、冷蔵でお送り下さい。
地下水などご相談下さい
活性汚泥50 mL 程度
土壌など10 g 程度
検体必要量送付方法
海底堆積物間隙水を含む海底土 40 mL 以上※ 1、2採取後、直ちに中和ホルマリン溶液 ( 終濃度10 %) に懸濁し、固定して下 さい。冷蔵または常温で保存し、そのままお送り下さい。

※1 必要量に中和ホルマリン溶液は含みません。
※2 環境影響評価目的での解析は、コアサンプラーによる表層0 ~ 5 cmについて0.5 cmまたは1.0 cm毎の層別での採取・解析をお奨めします。